ベータ版
ただいまコンテンツ増幅中です。
あなたの編集協力、情報・資料提供をお願いいたします。

偽膜性腸炎 総論

2014.12.18  メディビトの知恵   
最終更新日: 2016年01月27日
編集リクエスト情報提供?

概要

・抗菌薬投与により起こる腸炎である。

ポイント

・内視鏡検査で大腸のかべに小さい円形の膜(偽膜)が見られる

・クロストリジウムディフィシル菌(C.difficile)によるものである。この菌の産生する毒素により、粘膜が傷害されて起こる。

・本菌の感染は抗生剤の使用がなくても発症することがあり、院内感染症の中で最も頻度が高い疾患と考えられ、長期入院は危険因子である。

 

「厚生労働省 重篤副作用疾患別対応マニュアル 偽膜性大腸炎」

 http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/dl/tp1122-1g05.pdf

診断

・糞便より、C.difficileおよびその毒素を検出するが、偽陰性のことも多い。

 症状

抗菌薬服用5~10日後に、

・下痢

・発熱

・腹痛

・血便

 検査

・大腸内視鏡検査

・生検

・血液検査:白血球増多、CRP10mg/dlを超えることもある。

・便による検査

 ①便培養(細菌培養検査):嫌気条件

 ②CDトキシン(抗原検査)

01

「厚生労働省 重篤副作用疾患別対応マニュアル 偽膜性大腸炎」より引用

治療、処方例

【治療】

・可能な限り薬剤を中止する。

・メトロニダゾール、バンコマイシンの経口投与が有効である。

禁忌

最終更新日: 2016年01月08日
編集リクエスト情報提供?

診断

症状

検査

治療

最終更新日: 2016年01月08日
編集リクエスト情報提供?

英名、通称、略称

概念

定義

疫学

歴史

病因、病態

解剖、生理学、生化学

診断基準

分類、重症度分類

予後

合併症

最終更新日: 2016年01月27日
編集リクエスト情報提供?

キーワード、ポイント

・抗菌薬投与により起こる腸炎である。

・内視鏡検査で大腸のかべに小さい円形の膜(偽膜)が見られる病態で、そのほとんどがクロストリジウムディフィシル菌(C.difficile)によるものである。この菌の産生する毒素により、粘膜が傷害されて起こる。

・本菌は芽胞を形成るため、抗生剤の使用がなくても院内感染を引き起こす。院内感染症の中で最も頻度が高い疾患と考えられ、長期入院は危険因子である。

(McFarlandの研究による)

  12日間入院すれば 21%の患者がC. difficile感染をおこす→うち無症状患者63%

  有症状者のいる部屋→培養陽性49%

  無症状者のみの部屋→陽性29%

  本菌陰性者のみがいる部屋→陽性8%

 胃瘻チューブに慢性感染

 

「厚生労働省 重篤副作用疾患別対応マニュアル 偽膜性大腸炎」

 http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/dl/tp1122-1g05.pdf

診療のすすめ方、考え方

・原因抗菌薬の種類は、セフェム系、合成ペニシリン、クリンダマイシンなど多彩である。

・抗菌薬の経口投与、静脈投与いずれでもおこり、抗菌薬投与中止後に発症してくることもある。

診断

・問診などから本症を疑った場合、大腸内視鏡検査を行う。

・肛門側ほど高度の病変を呈するため、全身状態の悪い場合は、直腸S状結腸だけでも観察する。

・内視鏡所見では、黄白色半球状あるいは不整形の偽膜を認め、重篤な例では融合傾向を示す。肛門側に好発し、重症例では全大腸に及ぶ。

・生検では、フィブリン、凝固壊死物質、剥離上皮細胞からなるきのこ状の偽膜を認める。

・血液検査から、白血球数増多、低蛋白血症、電解質異常を認める。

・糞便より、C.difficileおよびその毒素を検出するが、偽陰性のことも多い。

症状

抗菌薬服用5~10日後に、

・下痢

・発熱

・腹痛

・血便

検査

・大腸内視鏡検査

・生検

・血液検査:白血球増多、CRP10mg/dlを超えることもある。

・便による検査

 検体:常在菌のため、新鮮便(採取後2時間以内)を用いることが重要。

    不可能な場合には、4に保存した検体を2日以内に用いる。

 ①便培養(細菌培養検査):嫌気条件下に CCFA 培地ないし CCMA 培地を用いて行う。

 ②CDトキシン(抗原検査)

  ・C.difficileが毒性を示すためには、毒素A(toxinA)と毒素B(toxinB)が必要であり、toxinBを

   組織培養法で検出することが最も確実な根拠と考えられているが、日本ではこの方法が用

   いられないためtoxinAを酵素免疫法で検査することが多い。

    ToxinA: 好中球遊走因子であり、サイトカインの遊離を起こし、水分の過分泌や

        腸管の出血壊死を起こしうる。

    ToxinB:細胞毒で細胞骨格の破壊をもたらす。

  ・ToxinAに対する試薬:イムノクロマトグラフィー法であるユニクイック

              EIA 法であるイムノカードCDトキシンA など

  ・現在使用されているCDチェックは毒素A()毒素B()株は偽陰性となる。

     010801

     010802

     「厚生労働省 重篤副作用疾患別対応マニュアル 偽膜性大腸炎」より引用

01

02

「厚生労働省 重篤副作用疾患別対応マニュアル 偽膜性大腸炎」より引用

鑑別診断

・判別すべき疾患:虚血性大腸炎、他の感染性大腸炎、 エルシニア、カンピロバクター、

         サルモネラ、病原性大 腸菌(ウイルスなど)、MRSA 腸炎、抗菌薬不耐症、

         抗菌薬起因性出血性腸炎、炎症性腸疾患(Crohn 病、潰瘍性大腸炎)など

・判別の要点:内視鏡検査と培養に依存する。

・内視鏡所見:出血性腸炎か否か、潰瘍形成の有無、病変の存在部位などによる。

・他の感染症の診断:出血や潰瘍、アフタ様潰瘍などから判別を進める。

治療、処方例

【治療】

・可能な限り薬剤を中止する。

・メトロニダゾール、バンコマイシンの経口投与が有効である。

 

【処方例】

・フラジール(メトロニダゾール) 0.751.5g 分3~4 /1014日間

 安価であり第一選択

・バンコマイシン 1.52.0g 分3~4 /1014日間

禁忌

患者指導

専門医に紹介

最終更新日: 2016年01月08日
編集リクエスト情報提供?

専門家からアドバイス

補足事項

 

最近のトピック

診断

治療

最終更新日: 2016年01月08日
編集リクエスト情報提供?

診断

「厚生労働省 重篤副作用疾患別対応マニュアル 偽膜性大腸炎」より引用01

02

【鑑別診断】 「厚生労働省 重篤副作用疾患別対応マニュアル 偽膜性大腸炎」より引用

0304050607

その他

最終更新日: 2016年01月08日
編集リクエスト情報提供?

学会、研究会

ガイドライン

患者会

ホームページ

メーリングリスト

 

参考文献

参考図書

関連動画、映画

関連資格

 

その他

最終更新日: 2016年01月08日
編集リクエスト情報提供?

診断

治療

その他


[偽膜性腸炎]の新着・更新記事

新着・更新

[消化器科]の直近イベント

直近のイベント

    免責事項要約

    この免責事項は本ウェブサイトを利用されるすべての閲覧者に適用されます。本サイトの情報の利用者はこの免責事項の内容を承諾したものとみなします。
    本サイトは医療情報の提供を目的としており、本サイト自体が医療行為を行うものではありません。内容のご利用(閲覧、投稿、外部での再利用などすべてを含む)に関しましては利用者様の自己責任において独自検証してご利用ください。共同作業により編集されるウェブサイトという性格上、いかなる記事や引用文、画像、音声情報等は正確性、真実性、最新性、信頼性、合法性を保証していません。本サイトはサイト上で提供されている情報を直接または間接に利用したことにより生じた結果に対して一切の責任を負うことはできません
    本サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等についても一切の責任を負いません。