ベータ版
ただいまコンテンツ増幅中です。
あなたの編集協力、情報・資料提供をお願いいたします。

胃ポリープ 総論

2014.12.18  メディビトの知恵   
最終更新日: 2014年12月18日
編集リクエスト情報提供?

概要

ポイント

①腺腫性ポリープ 

・良悪性境界病変に相当し、胃腺腫と呼ばれる。

ピロリ菌陽性胃を疑う。

・高齢の男性に多く、前がん病変と考えられており、2cm以上になると約半数に癌の合併がある。

・進行は緩徐で年単位。

 

②過形成性ポリープ

・大きさや形態は限局性の発赤した小隆起から、茎をもつ大きなものまで様々。

ピロリ菌陽性胃を疑う。

・大きなものは貧血の原因となることがある。

まれに癌化する。

 

③胃底腺ポリープ

・米粒大の正色調の小さな無茎ないし亜有茎性の隆起性病変。

・中年の女性によく起こり、癌化せず、しばしば自然に消失する。

ピロリ菌陰性胃の可能性が高い。

診断

・内視鏡、消化管造影検査により発見される。

・粘膜生検を行い、病理診断で確定される。

・過形成性ポリープと腺腫性ポリープの場合は、ピロリ菌検査を行う。ipori-pu

日本消化器内視鏡学会「Q&A胃ポリープについて」より引用

 症状

・ほぼ無症状

・過形成性ポリープは増大すると出血を繰り返して、めまいや貧血をおこすことがある。

 検査

・内視鏡検査

・X線検査

・組織生検

・ピロリ菌検査

治療、処方例

【治療】

①腺腫性ポリープ(胃腺腫) 

・病理組織学的評価を加味した処置が必要となるため、専門医に相談する。

②過形成性ポリープ

・小さいものは治療の必要はない。

・切除する場合は、肉眼で癌の合併が疑われるもの、貧血を伴うもの、十二指腸へ落ちこむもの。

・ピロリ菌を除菌することにより縮小する。 

・1回/1年程度の内視鏡検査による経過観察。

③胃底腺ポリープ

 放置して問題ないが、過酸症状には酸分泌抑制薬を処方する。

禁忌

最終更新日: 2014年12月18日
編集リクエスト情報提供?

診断

症状

検査

治療

最終更新日: 2014年12月18日
編集リクエスト情報提供?

英名、通称、略称

概念

定義

疫学

歴史

病因、病態

解剖、生理学、生化学

診断基準

分類、重症度分類

予後

合併症

最終更新日: 2014年12月18日
編集リクエスト情報提供?

キーワード、ポイント

・無症候性であることが多い。

・ただし、過形成性ポリープおよび胃腺腫の場合、その発生母地に慢性萎縮性胃炎ないし腸上皮化生を伴うケースが多く、機能性ディスペプシア(FD)としての症状が現れることがある。

①腺腫性ポリープ 

・良悪性境界病変に相当し、胃腺腫と呼ばれる。

・ピロリ菌陽性胃を疑う。

・高齢の男性に多く、前がん病変と考えられており、2cm以上になると約半数に癌の合併がある。

・進行は緩徐で年単位。

②過形成性ポリープ

・大きさや形態は限局性の発赤した小隆起から、茎をもつ大きなものまで様々。

・ピロリ菌陽性胃を疑う。

・大きなものは貧血の原因となることがある。

まれに癌化する。

③胃底腺ポリープ

・米粒大の正色調の小さな無茎ないし亜有茎性の隆起性病変。

・中年の女性によく起こり、癌化せず、しばしば自然に消失する。

・ピロリ菌陰性胃の可能性が高い。

診療のすすめ方、考え方

・ポリープそのもので自覚症状を感じることがないため、定期検診や胃部不快などでの内視鏡検査で偶然発見されることがほとんどである。

・過形成性ポリープが貧血の原因となることがあるため、貧血検査で見つかることもある。

診断

・内視鏡検査により発見される。

・粘膜生検を行い、病理診断。

・粘膜生検で腺腫や正常粘膜である場合は、除外する。

・過形成性ポリープの場合は、ピロリ菌検査を行う。

・家族性大腸腺腫症の胃病変として胃底腺ポリープと同様の肉眼形態をとる腺腫病変の多発を認める場合は、大腸の検査が必要。

①腺腫性ポリープ(胃腺腫)

・肉眼的には扁平な花壇状、菊花状隆起で色調は褪色調で蒼白

・腺腫の癌化と同時に、背景となる胃粘膜が分化型腺癌の発生環境と共通するため、離れた部位の癌の合併を念頭に置く。

②過形成性ポリープ(発赤があり、表面にイチゴのような凹凸やびらん、白苔) 

 腺窩上皮の過形成と粘膜固有層の強い炎症と浮腫がみられる。

③胃底腺ポリープ(発赤がない)

 胃底腺の過形成があるが炎症はあまりみられない

 胃底尖部にRACが確認されることが多い。

症状

・無症状

・胃もたれ、不快感、食欲不振がみられるが、多くは併発している慢性萎縮性胃炎によるもの。

・過形成性ポリープは増大すると出血を繰り返して、めまいや貧血をおこすことがある。

・胃底腺ポリープは、萎縮の少ない胃酸分泌が盛んな胃粘膜に多く発生することから、過酸症状(上腹部痛、胸やけ、しゃっくり)を自覚することがある。

検査

・内視鏡検査

・X線検査

・組織生検

・ピロリ菌検査

鑑別診断

胃腺腫、胃粘膜下腫瘍、胃癌との鑑別が必要。

・過形成性ポリープは、隆起型の早期胃癌との鑑別が必要(表面の凹凸や発赤の程度により鑑別)。

・胃底腺ポリープは、小さな粘膜下腫瘍やカルチノイドとの鑑別を要する(生検による確定診断)。

治療、処方例

【治療】

①腺腫性ポリープ(胃腺腫) 

・病理組織学的評価を加味した処置が必要となるため、専門医に相談する。

②過形成性ポリープ

・小さいものは治療の必要はない。

・切除する場合は、肉眼で癌の合併が疑われるもの、貧血を伴うもの、十二指腸へ落ちこむもの。

・ピロリ菌を除菌することにより縮小する。 

・1回/年内視鏡検査による経過観察。

③胃底腺ポリープ

 放置して問題ないが、過酸症状には酸分泌抑制薬を処方する。

 

【処方例】

・酸分泌抑制薬 

 タケプロン:1回15mgを1日1回

 パリエット:1回10mgを1日1回

 ネキシウム:1回10mgを1日1回

禁忌

患者指導

専門医に紹介

・腺腫性ポリープは、病理組織学的評価を加味した処置が必要となるため専門医に相談する。

最終更新日: 2014年12月18日
編集リクエスト情報提供?

専門家からアドバイス

補足事項

 

最近のトピック

診断

治療

最終更新日: 2014年12月18日
編集リクエスト情報提供?

診断

ipori-pu

日本消化器内視鏡学会「Q&A胃ポリープについて」より引用

治療

共有資料(パンフ、スライド)

その他

最終更新日: 2014年12月18日
編集リクエスト情報提供?

学会、研究会

ガイドライン

患者会

ホームページ

メーリングリスト

 

参考文献

参考図書

関連動画、映画

関連資格

 

その他

最終更新日: 2014年12月18日
編集リクエスト情報提供?

診断

治療

その他


[胃ポリープ]の新着・更新記事

新着・更新

[消化器科]の直近イベント

直近のイベント

    免責事項要約

    この免責事項は本ウェブサイトを利用されるすべての閲覧者に適用されます。本サイトの情報の利用者はこの免責事項の内容を承諾したものとみなします。
    本サイトは医療情報の提供を目的としており、本サイト自体が医療行為を行うものではありません。内容のご利用(閲覧、投稿、外部での再利用などすべてを含む)に関しましては利用者様の自己責任において独自検証してご利用ください。共同作業により編集されるウェブサイトという性格上、いかなる記事や引用文、画像、音声情報等は正確性、真実性、最新性、信頼性、合法性を保証していません。本サイトはサイト上で提供されている情報を直接または間接に利用したことにより生じた結果に対して一切の責任を負うことはできません
    本サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等についても一切の責任を負いません。