ベータ版
ただいまコンテンツ増幅中です。
あなたの編集協力、情報・資料提供をお願いいたします。

急性胃炎 総論

2014.12.18  メディビトの知恵   
最終更新日: 2014年12月18日
編集リクエスト情報提供?

概要

・急性胃炎は、ピロリ菌の初感染、アルコール多飲、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)内服、アニサキス感染などさまざまな原因で引き起こされる、急性・一過性の胃の炎症である。

ポイント

・直近の内服歴、食事歴(生の魚介類等)等を問診する。

・急性胃炎は激しい上腹部痛を訴えることが多いが、胆石・胆嚢炎、膵炎、虫垂炎、心筋梗塞など他の上腹部痛を来す急性疾患を除外することが重要。

診断

・内視鏡検査により、急性胃粘膜病変(AGML)では多発性の浮腫、点状・不整・地図状の発赤、びらん、潰瘍を認め、一部に出血を伴うこともある。

 症状

・上腹部痛、悪心、嘔吐など

 検査

・内視鏡

・血液検査

・腹部超音波

・腹部CT

・心電図

治療、処方例

【治療】

・急性胃炎の原因と考えられる薬剤があれば可能な限り中止する。

・胃酸分泌抑制剤と防御因子増強薬を投与する。

禁忌

最終更新日: 2014年12月18日
編集リクエスト情報提供?

診断

症状

検査

治療

最終更新日: 2014年12月18日
編集リクエスト情報提供?

英名、通称、略称

概念

定義

疫学

歴史

病因、病態

解剖、生理学、生化学

診断基準

分類、重症度分類

予後

合併症

最終更新日: 2014年12月18日
編集リクエスト情報提供?

キーワード、ポイント

・急性胃炎は、ピロリ菌の初感染、アルコール多飲、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)内服、アニサキス感染などさまざまな原因で引き起こされる、急性・一過性の胃の炎症である。

・急激に発症し、激しい上腹部痛や嘔吐などを伴う。

・内視鏡検査では、多くは急性胃粘膜病変(AGML)として認識される。

・胃粘膜に急性に一過性の炎症細胞浸潤を伴う。

・原因は、ピロリ菌の初感染かNSAIDsによるものが大部分である。

診療のすすめ方、考え方

・急性発症の上腹部痛を訴えた場合には、急性腹症の1つとして急性胃炎を想起する。

・直近の内服歴、食事歴(生の魚介類等)等を問診する。

・急性胃炎は激しい上腹部痛を訴えることが多いが、まずは、胆石・胆嚢炎、膵炎、虫垂炎、心筋梗塞など他の上腹部痛を来す急性疾患を除外することが重要である。

・内視鏡検査にてAGMLがあれば急性胃炎と診断できる。

・急性胃炎の確定診断には内視鏡検査が必要。

診断

・内視鏡検査により、胃粘膜の浮腫、発赤、びらんがみられる。

・急性胃粘膜病変(AGML)では多発性の浮腫、点状・不整・地図状の発赤、びらん、潰瘍を認め、一部に出血を伴うこともある。

・内視鏡検査にてAGMLに特徴的な所見がなければ、急性胃炎はほぼ除外される。ただし、アニサキスの胃粘膜への迷入は胃粘膜の形態学的変化に乏しいこともあり注意が必要である。

症状

・激しい上腹部痛

・心窩部圧痛もしばしばみられる

・悪心、嘔吐

・食欲不振、腹部膨満感

・吐血、下血

検査

・内視鏡

・血液検査

・腹部超音波

・腹部CT

・心電図

鑑別診断

・胆石疾患、急性膵炎、虫垂炎、心筋梗塞などの鑑別が重要。

 

参考:急性腹症および嘔吐を来す疾患

・消化器系疾患:急性胆嚢炎、急性胆管炎、急性膵炎、急性虫垂炎

・神経性疾患:脳出血・梗塞、クモ膜下出血、髄膜炎、前庭障害(メニエール病)

・その他:急性心筋梗塞、尿管結石、骨盤内炎症性疾患

治療、処方例

【処置】

・腹部の激痛や吐血・下血を主訴とする場合:第一に全身状態の管理を行う

・血圧低下、頻脈などの顕出血が疑われる場合:消化性腫瘍からの出血に準じて、静脈の確保、補液を行い、時に輸血が必要なこともある。

・腹痛:抗コリン薬や塩酸ペンタゾシンの筋注や静注を行う。

 

【治療】

・急性胃炎の原因と考えられる薬剤があれば可能な限り中止する。

・絶食下に、H2受容体結抗薬あるいはプロトンポンプ阻害薬(PPI)を静注する。

・症状が改善すれば、胃酸分泌抑制剤と防御因子増強薬を併用し、経口投与する。

・出血病巣が認められた場合:出血性潰瘍に準じて、内視鏡的止血術を行う。

・アニサキスの虫体を認めた場合:内視鏡的に虫体を除去する。

・1~2カ月後に内視鏡検査を行い治癒していることを確認する。

 

【処方例】

・タケプロンOD錠(30mg)1錠 分1

・パリエット錠(10mg)1錠 分1

・ネキシウムカプセル(20mg)1カプセル 分1

・ガスターD錠(10mg) 2錠 分2 朝 夕 食後

 腎機能が低下している患者においては、投与量を減量する。血球減少を起こすことがあるので注意する。

禁忌

患者指導

・NSAIDなどの薬剤が関与している場合は、できるだけ避けるように指導する。

・休薬がどうしても避けられない場合はH2受容体結抗薬、PPI、防御因子増強薬を投与する。

専門医に紹介

・嘔気・嘔吐が強く、飲水や薬剤内服が不能な場合

・消化管出血と思われる吐血、タール便を認める場合

・問診などよりアニサキス症が疑われる場合

・腐食性化学物質(酸、強アルカリなど)が原因の可能性がある場合

最終更新日: 2014年12月18日
編集リクエスト情報提供?

専門家からアドバイス

補足事項

 

最近のトピック

診断

治療

最終更新日: 2014年12月18日
編集リクエスト情報提供?

診断

治療

共有資料(パンフ、スライド)

その他

最終更新日: 2014年12月18日
編集リクエスト情報提供?

学会、研究会

ガイドライン

患者会

ホームページ

メーリングリスト

 

参考文献

参考図書

関連動画、映画

関連資格

 

その他

最終更新日: 2014年12月18日
編集リクエスト情報提供?

診断

治療

その他


[急性胃炎]の新着・更新記事

新着・更新

[消化器科]の直近イベント

直近のイベント

    免責事項要約

    この免責事項は本ウェブサイトを利用されるすべての閲覧者に適用されます。本サイトの情報の利用者はこの免責事項の内容を承諾したものとみなします。
    本サイトは医療情報の提供を目的としており、本サイト自体が医療行為を行うものではありません。内容のご利用(閲覧、投稿、外部での再利用などすべてを含む)に関しましては利用者様の自己責任において独自検証してご利用ください。共同作業により編集されるウェブサイトという性格上、いかなる記事や引用文、画像、音声情報等は正確性、真実性、最新性、信頼性、合法性を保証していません。本サイトはサイト上で提供されている情報を直接または間接に利用したことにより生じた結果に対して一切の責任を負うことはできません
    本サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等についても一切の責任を負いません。