ベータ版
ただいまコンテンツ増幅中です。
あなたの編集協力、情報・資料提供をお願いいたします。

過敏性腸症候群(IBS) 総論

2014.12.18  メディビトの知恵   
最終更新日: 2016年04月01日
編集リクエスト情報提供?

概要

ポイント

・腸管に器質的病変がみられないが、便通異常(下痢、便秘、交代性便通異常)と腹痛とが続く大腸の機能性疾患。

・加齢とともに低下し、女性に多い。 

50歳以上では必ず器質的疾患の有無を検査で確認する。

診断

・内視鏡検査、注腸造影検査、吸収機能検査などで原因となる他疾患を否定する。

・RomeⅢ基準を用いて、診断する。 

IBS2

 症状

・腹痛を伴う便通異常(下痢、便秘、交代性便通異常)

・腹痛、腹鳴、排ガス

・倦怠感、不安、不眠、頭痛、頻尿、発汗、動悸などの症状を伴うこともある。

 検査

・内視鏡検査、X線検査、超音波検査、血液検査などにより原因となりうる疾患の有無を確認する。

 

鑑別診断

・下痢型:炎症性腸疾患、甲状腺機能亢進症、乳糖不耐症

・便秘型:腫瘍性疾患、偽性腸閉塞、甲状腺機能低下症

治療、処方例

【処方例】

・消化管運動調節薬

 セレキノン錠(100mg)(トリメブチン) 1回1~2錠、1日3回朝昼夕毎食後

 

患者指導

・食生活、生活習慣の改善

・器質的疾患を否定できたうえで、安心してもらえるよう心理的サポートを行う。

・症状に合わせすぎて薬剤数が増えないように注意する。

・ドクターショッピングを行わないように指導する。

 「命にかかわる疾患が検査でなかったので、安心しましたね。」

 「胃腸の働きや感度には個人差があり、病気ではなく体質という部分もあります。」

 「薬が増えやすいので注意しましょう」

 などの説明と方向付けを行う。

禁忌

最終更新日: 2016年03月30日
編集リクエスト情報提供?

診断

症状

検査

治療

最終更新日: 2016年03月30日
編集リクエスト情報提供?

英名、通称、略称

英語:Irritable Bowel Syndrome
略称:IBS

概念

定義

疫学

歴史

病因、病態

解剖、生理学、生化学

診断基準

分類、重症度分類

予後

合併症

最終更新日: 2016年03月30日
編集リクエスト情報提供?

キーワード、ポイント

・腸管に器質的病変がみられないが、便通異常(下痢、便秘、交代性便通異常)と腹痛とが続く大腸の機能性疾患。

・加齢とともに低下し、女性に多い。

・ストレスや情動的動揺など、心理的異常を背景に発症することが多い。 

50歳以上では必ず器質的疾患の有無を検査で確認する。

IBS

「日本内科学会雑誌 過敏性腸症候群(IBS)の病態・診断・治療」

 https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/102/1/102_70/_article/-char/ja/

診療のすすめ方、考え方

・病状の日誌や質問票による症状の把握が重要となる。

診断

・内視鏡検査、注腸造影検査、吸収機能検査などで原因となる他疾患を否定する。

・RomeⅢ基準を用いて、診断する。 

IBS2

症状

・腹痛を伴う便通異常(下痢、便秘、交代性便通異常)

・腹痛、腹鳴、排ガス

・倦怠感、不安、不眠、頭痛、頻尿、発汗、動悸などの症状を伴うこともある。

検査

・内視鏡検査、X線検査、超音波検査、血液検査などにより原因となりうる疾患の有無を確認する。

・内視鏡検査

・注腸造影検査

・吸収機能を検査

鑑別診断

・下痢型:炎症性腸疾患、甲状腺機能亢進症、乳糖不耐症

・便秘型:腫瘍性疾患、偽性腸閉塞、甲状腺機能低下症

・食事の偏り、排便習慣の偏り

・発熱、血便、予想しない体重減少、悪性腫瘍の既往もしくは家族歴などの所見は、器質的疾患の除外のために注意して確認することが必要である。

治療、処方例

【治療】

・段階を追って、主症状の改善を行う。

第一段階

 ①生活指導:食事と生活習慣の改善

 ②薬物療法:消化管運動調節薬を基本として投与する。

       (高分子重合体またはマレイン酸トリメブチン)

第二段階:第一段階を4~8週間継続し、改善がみられない場合は抗不安薬などを投与する。

第三段階:第二段階までの治療で改善がみられない場合は、心療内科的アプローチを考慮する。

 

【処方例】

・消化管運動調節薬

 セレキノン錠(100mg)(トリメブチン) 1回1~2錠、1日3回朝昼夕毎食後

禁忌

患者指導

・食生活、生活習慣の改善

・器質的疾患を否定できたうえで、安心してもらえるよう心理的サポートを行う。

・症状に合わせすぎて薬剤数が増えないように注意する。

・ドクターショッピングを行わないように指導する。

 「命にかかわる疾患が検査でなかったので、安心しましたね。」

 「胃腸の働きや感度には個人差があり、病気ではなく体質という部分もあります。」

 「薬が増えやすいので注意しましょう」

 などの説明と方向付けを行う。

専門医に紹介

最終更新日: 2016年03月30日
編集リクエスト情報提供?

専門家からアドバイス

補足事項

 

最近のトピック

診断

治療

最終更新日: 2016年03月30日
編集リクエスト情報提供?

診断

治療

共有資料(パンフ、スライド)

その他

最終更新日: 2016年03月30日
編集リクエスト情報提供?

学会、研究会

「日本内科学会雑誌 過敏性腸症候群(IBS)の病態・診断・治療」

 https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/102/1/102_70/_article/-char/ja/

ガイドライン

患者会

ホームページ

メーリングリスト

 

参考文献

参考図書

関連動画、映画

関連資格

 

その他

最終更新日: 2016年03月30日
編集リクエスト情報提供?

診断

治療

その他


[過敏性腸症候群]の新着・更新記事

新着・更新

[消化器科]の直近イベント

直近のイベント

    免責事項要約

    この免責事項は本ウェブサイトを利用されるすべての閲覧者に適用されます。本サイトの情報の利用者はこの免責事項の内容を承諾したものとみなします。
    本サイトは医療情報の提供を目的としており、本サイト自体が医療行為を行うものではありません。内容のご利用(閲覧、投稿、外部での再利用などすべてを含む)に関しましては利用者様の自己責任において独自検証してご利用ください。共同作業により編集されるウェブサイトという性格上、いかなる記事や引用文、画像、音声情報等は正確性、真実性、最新性、信頼性、合法性を保証していません。本サイトはサイト上で提供されている情報を直接または間接に利用したことにより生じた結果に対して一切の責任を負うことはできません
    本サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等についても一切の責任を負いません。