ベータ版
ただいまコンテンツ増幅中です。
あなたの編集協力、情報・資料提供をお願いいたします。

MRSA 総論

2016.04.20  メディビトの知恵   
最終更新日: 2016年11月08日
編集リクエスト情報提供?

概要

ポイント

診断

症状

検査

治療、処方例

禁忌

最終更新日: 2016年11月08日
編集リクエスト情報提供?

診断

症状

検査

治療

最終更新日: 2016年11月08日
編集リクエスト情報提供?

英名、通称、略称

概念

定義

疫学

歴史

病因、病態

解剖、生理学、生化学

診断基準

分類、重症度分類

予後

合併症

最終更新日: 2016年05月16日
編集リクエスト情報提供?

キーワード、ポイント

・メチシリンをはじめとするすべてのβ-ラクタム薬やその他の抗菌薬に耐性となった黄色ブドウ球菌

・院内感染の原因

・エンテロトキシンやToxic Shock Syndrome Toxin-1などの毒素を産生し、食中毒やToxic Shock症候群(TSS)などを引き起こす可能性がある。

診療のすすめ方、考え方

MRSAによる感染症の疑いありの場合は速やかに抗MRSA薬による治療を開始する。

診断

・黄色ブドウ球菌でメチシリン耐性を確認すれば確定

・喀痰、尿、便培養でMRSAを検出した場合の診断はコンタミネーションである可能性も考え、感染か否かの評価を慎重にする。

症状

合併症として、敗血症、肺炎、骨髄炎、皮膚軟部組織感染、感染性心内膜炎

検査

・薬剤感受性試験

・耐性遺伝子をPCR法で検出

鑑別診断

治療、処方例

【治療】

・一般的な治療薬は以下の7つ

 第一選択はバンコマイシン

 他 テイコプラニン、アルベカシン、リネゾリド、ダプトマイシン、ST合剤、ミノサイクリン

 

【処方例】

 ・塩酸バンコマイシン点滴静注用®(バンコマイシン)[0.5g]1回15㎎/kg(実体重)を12時間毎に静注

  1gあたり1時間以上かけて静注すること。トラフ濃度は10μg/mLを超えるように調整する。

 ※重症例では副作用に注意しつつ15~20μg/mLに調整する

 ※乳児・小児の場合 1日40㎎/kg 分2〜4 60分以上かけて静注

 ※新生児の場合 1日40㎎/kg 1回10〜15㎎/kgを生後1週まで8時間毎、生後1ヶ月まで8時間毎 60分以上かけて静注

禁忌

患者指導

専門医に紹介

・壊死性軟部組織感染症

・抗菌薬治療を行ったうえでの持続的な菌血症 

・バンコマイシンに対する治療抵抗性症例

・MRSA感染症を繰り返す場合

・長期間の抑制療法の必要性を考慮する場合

最終更新日: 2016年11月08日
編集リクエスト情報提供?

専門家からアドバイス

補足事項

最近のトピック

診断

治療

最終更新日: 2016年11月08日
編集リクエスト情報提供?

診断

治療

共有資料(パンフ、スライド)

その他

最終更新日: 2016年11月08日
編集リクエスト情報提供?

学会、研究会

ガイドライン

患者会

ホームページ

メーリングリスト

参考文献

参考図書

関連動画、映画

関連資格

その他

最終更新日: 2016年11月08日
編集リクエスト情報提供?

診断

治療

その他


[MRSA]の新着・更新記事

新着・更新

[感染症]の直近イベント

直近のイベント

    免責事項要約

    この免責事項は本ウェブサイトを利用されるすべての閲覧者に適用されます。本サイトの情報の利用者はこの免責事項の内容を承諾したものとみなします。
    本サイトは医療情報の提供を目的としており、本サイト自体が医療行為を行うものではありません。内容のご利用(閲覧、投稿、外部での再利用などすべてを含む)に関しましては利用者様の自己責任において独自検証してご利用ください。共同作業により編集されるウェブサイトという性格上、いかなる記事や引用文、画像、音声情報等は正確性、真実性、最新性、信頼性、合法性を保証していません。本サイトはサイト上で提供されている情報を直接または間接に利用したことにより生じた結果に対して一切の責任を負うことはできません
    本サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等についても一切の責任を負いません。