ベータ版
ただいまコンテンツ増幅中です。
あなたの編集協力、情報・資料提供をお願いいたします。

非ケトン性高浸透圧性昏睡 総論

2014.12.18  メディビトの知恵   
最終更新日: 2014年12月18日
編集リクエスト情報提供?

概要

ポイント

・高血糖性高浸透圧状態(HHS、非ケトン性高浸透圧性昏睡、HONK) は、高血糖に脱水が加わって起こる。
・意識障害が主症状。
・ケトアシドーシスにならずに起こる糖尿病性昏睡のこと。
・死亡率が高く、危険。

診断

 症状

・高血糖と脱水症状。

 検査

治療、処方例

・生理食塩水の急速大量輸液を行い、循環状態および尿の排出を改善させる。
・インスリンを持続静注する。
・インスリンの投与により血清カリウムが低下するため頻回に測定を繰り返す。

禁忌

最終更新日: 2014年12月18日
編集リクエスト情報提供?

診断

症状

検査

治療

最終更新日: 2014年12月18日
編集リクエスト情報提供?

英名、通称、略称

概念

定義

疫学

歴史

病因、病態

解剖、生理学、生化学

診断基準

分類、重症度分類

予後

合併症

最終更新日: 2014年12月18日
編集リクエスト情報提供?

キーワード、ポイント

・高血糖性高浸透圧状態(HHS、非ケトン性高浸透圧性昏睡、HONK) は、高血糖に脱水が加わって起こる。
・意識障害が主症状。
・高齢者は脱水状態になりやすいのでこの病態になりやすい。
・統計的には高齢の2型糖尿病患者に多い。
・ケトアシドーシスにならずに起こる糖尿病性昏睡のこと。

・死亡率が高く、危険。

診療のすすめ方、考え方

・代謝性アシドーシスは示さない。

・ケトアシドーシスの治療に準じるのが第一原則。

診断

症状

・高血糖と脱水症状。
・高齢者の方に多くみられる理由は、高血糖により尿が増えてのどが渇くようになっても、年齢のせいだと思ってしまい対処が遅れ、脱水症状におちいりやすい。

・腎不全や脳卒中などの合併症を起こしている患者は特に注意が必要。

検査

鑑別診断

糖尿病性ケトアシドーシス

治療、処方例

・0.9%生理食塩水1Lを30分かけて点滴,その後1L/時で静注し,血圧を上昇させて循環状態および尿の排出を改善させる。
・血圧が正常になり血糖値が300mg/dLに達すれば,輸液を0.45%生理食塩水に置き換えられる。
・静脈内輸液速度は,血圧,心臓の状態,水分の補給と排泄とのバランスで調節すべき。
・インスリンは,0.15単位/kgをボーラス投与し,続いて0.1単位/kg/時を持続静注する。
・輸液単独でも,ときに血糖値が急激に低下してインスリンを減量する必要が生じることがある
【急速すぎる浸透圧の低下は脳浮腫につながる恐れがある。】
・NKHSを呈するインスリン抵抗性Ⅱ型糖尿病患者は大量のインスリンを要する。
・血糖値が200〜250mg/dLに達したならば,輸液が完了し患者が食事を摂れるようになるまでインスリン注入速度を基礎レベル(1〜2単位/時)まで低下させるべき。
・インスリンの投与により血清カリウムが低下するため、血清カリウムが4.5mEq/l以下であれば生理食塩水500mlにKCL®20mEqを混和する。 
 血清カリウム値が3.3mEq/L未満であれば40mEq/時,3.3〜4.9mEq/Lであれば20〜30mEq/時を投与し,5mEq/L以上であれば投与は行わない。
・低血糖発生時には5%ブドウ糖液注入の追加が必要となることがある。
・急性症状が落ち着いてからインスリン皮下注射に切り替える。
・大半の患者では病状が安定した時点で経口血糖降下薬を再開できる。

禁忌

患者指導

高齢者の方は気づきにくい部分がある為、家族も体調の異常に日ごろから注意をくばるようにする。

専門医に紹介

最終更新日: 2014年12月18日
編集リクエスト情報提供?

専門家からアドバイス

補足事項

 

最近のトピック

診断

治療

最終更新日: 2014年12月18日
編集リクエスト情報提供?

診断

治療

共有資料(パンフ、スライド)

その他

最終更新日: 2014年12月18日
編集リクエスト情報提供?

学会、研究会

ガイドライン

患者会

ホームページ

メーリングリスト

 

参考文献

参考図書

関連動画、映画

関連資格

 

その他

最終更新日: 2014年12月18日
編集リクエスト情報提供?

診断

治療

その他


[非ケトン性高浸透圧性昏睡]の新着・更新記事

新着・更新

[代謝科]の直近イベント

直近のイベント

    免責事項要約

    この免責事項は本ウェブサイトを利用されるすべての閲覧者に適用されます。本サイトの情報の利用者はこの免責事項の内容を承諾したものとみなします。
    本サイトは医療情報の提供を目的としており、本サイト自体が医療行為を行うものではありません。内容のご利用(閲覧、投稿、外部での再利用などすべてを含む)に関しましては利用者様の自己責任において独自検証してご利用ください。共同作業により編集されるウェブサイトという性格上、いかなる記事や引用文、画像、音声情報等は正確性、真実性、最新性、信頼性、合法性を保証していません。本サイトはサイト上で提供されている情報を直接または間接に利用したことにより生じた結果に対して一切の責任を負うことはできません
    本サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等についても一切の責任を負いません。