BNPとNT-proBNPの使い方

解決済み
[循環器科]
Nao 13:52

BNPとNT-proBNPの使い方の違いを教えてください

1 つの回答

海王   [循環器科] 2016年10月18日

BNP前駆体から生理的に非活性のNT-proBNPと生理活性を有する成熟型BNPに切断されます。

つまり、BNPとNT-proBNPは心筋から等モルで分泌されています。
体内での生物学的半減期はBNP約20分,NT-proBNP 約120分。

BNPは血漿を用い、NT-proBNPは血清または血漿を用いるためNT-proBNPは生化学の検体で測定できます。
採血後室温保存にてBNPは試験管内で数時間ほどは90%安定、NT-proBNP は72時間安定。

腎機能障害では両者とも上昇するが、NT-proBNPの方が影響が大きい。その他心房細動、加齢、女性などにより上昇する。

 

日本心不全学会ホームページより転載

おおよそBNP値の4倍前後の値がNT-proBNP値に相関する
臨床的にはBNP値40、NT-proBNP値125を超えていたら一度精査を行う。
BNP値100、NT-proBNP値400を超えたら心不全の存在を強く疑う。

まとめ
NT-proBNPは生化学検体で測定でき、測定後も安定している。また数値が大きく、BNPよりも病態をよりダイナミックに反映する。 しかし、腎機能障害時には注意が必要。

参考ホームページ
日本心不全学会  http://www.asas.or.jp/jhfs/topics/bnp201300403.html

 

回答入力にはログインか 新規会員登録 が必要です


[循環器科]の直近イベント

直近のイベント

    免責事項要約

    この免責事項は本ウェブサイトを利用されるすべての閲覧者に適用されます。本サイトの情報の利用者はこの免責事項の内容を承諾したものとみなします。
    本サイトは医療情報の提供を目的としており、本サイト自体が医療行為を行うものではありません。内容のご利用(閲覧、投稿、外部での再利用などすべてを含む)に関しましては利用者様の自己責任において独自検証してご利用ください。共同作業により編集されるウェブサイトという性格上、いかなる記事や引用文、画像、音声情報等は正確性、真実性、最新性、信頼性、合法性を保証していません。本サイトはサイト上で提供されている情報を直接または間接に利用したことにより生じた結果に対して一切の責任を負うことはできません
    本サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等についても一切の責任を負いません。