再発性の寝たきり患者さんの萎縮性腟炎に対するホルモン剤はどこまで使い続けていいのか?

回答受付中
[婦人科]
midicolo 06:06

高齢女性では緑色帯下や不正性器出血がよく見られます。もちろん婦人科を受診して子宮がんの否定をしてもらうのがベストなのでしょうが、寝たきり等で家族も受診を希望しないケースも多いですよね。老人性の萎縮性腟炎か細菌性腟炎が多いと思いますが、治療しても再発を繰り返すことが多いです。訴えもないことが多いので、経過を見ることも多いのですが、実際には抗菌剤やホルモン剤はどこまで使い続けていいものでしょうか?全身性の副作用等が問題になることはあるのでしょうか?_

回答入力にはログインか 新規会員登録 が必要です


[婦人科]の直近イベント

直近のイベント

    免責事項要約

    この免責事項は本ウェブサイトを利用されるすべての閲覧者に適用されます。本サイトの情報の利用者はこの免責事項の内容を承諾したものとみなします。
    本サイトは医療情報の提供を目的としており、本サイト自体が医療行為を行うものではありません。内容のご利用(閲覧、投稿、外部での再利用などすべてを含む)に関しましては利用者様の自己責任において独自検証してご利用ください。共同作業により編集されるウェブサイトという性格上、いかなる記事や引用文、画像、音声情報等は正確性、真実性、最新性、信頼性、合法性を保証していません。本サイトはサイト上で提供されている情報を直接または間接に利用したことにより生じた結果に対して一切の責任を負うことはできません
    本サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等についても一切の責任を負いません。