鼻血

どんな病気

鼻の中に傷ができて、血管が破れることで出血します。

鼻出血とも呼ばれます。

10歳以下の子供と50歳以上の成人に多くみられます。

多くはキーゼルバッハと呼ばれる鼻の入り口からすぐの場所にある、血管の多い柔らかい場所から出血します。
キーゼルバッハ以外の鼻の奥上方や後方からの鼻出血は、止血しづらく、大量出血することがあります。

原因

小さなお子さんは、鼻に指をいれて鼻を触ると、粘膜に傷がついて鼻血が出ます。
一度傷ができると、お風呂などで体が温まると、血流が良くなり鼻血が出る場合もあります。

高血圧や、鼻のなかに腫瘍がある場合、白血病や血小板の病気などが隠れていることがあります。

ワーファリンやバファリンなどの心筋梗塞脳梗塞の治療・予防のための薬は血が止まりにくくなるため、鼻出血の原因になります。

症状

• 鼻から出血する。
• のどに血がたまる。

鼻血がのどに流れた場合、飲み込んでしまうと吐き気をもよおすことがあります。
なるべく飲み込まずに口から吐き出します。

検査

血液検査

貧血の程度や血小板の数を調べます。

血液凝固検査

血液の固まりやすさを調べます。

鼻鏡、内視鏡検査

直接鼻腔内の様子を確認することができます。

CT検査

ケガや腫瘍、鼻腔以外の場所に原因がないかも調べることができます。

治療

キーゼルバッハの位置はちょうど小鼻の位置にあたります。
ティッシュを折りたたんで、小鼻を挟み込むように覆い、両側から強く押さえます。
途中で離さずに5~10分間押さえ続けます。

鼻が心臓よりも高い位置にある方が血流量が減って止まりまりやすいため、座った姿勢で鼻を押さえます。
血液を飲み込まないように、少し前かがみの姿勢がよいでしょう。

最後にそっと、ゆっくりと押さえている力を抜きます。
勢いよく離すとかさぶたがはがれて、ふたたび血が出てしまうことがあります。

昔からのティッシュを鼻に詰める方法もこころみる方も多いですが、ティッシュを抜く際にかさぶたをはがしてしまい、ふたたび出血することがあります。

ここで紹介している、小鼻を外側から押さえる方法にしましょう。

15分以上出血が止まらない場合、大量に出血している場合、いったん止まっても出血を繰り返す場合などは、血液や鼻の病気の可能性もあるので、医療機関を受診するようにしてください。
自然に止血できなくて、医療機関を受診する必要がある鼻血の頻度は6%程度といわれています。

医療機関では、タンポン処置、電気凝固、レーザー凝固などを行います。
血圧の高い方は、血圧のコントロールも必要です。

ホームドクターからのアドバイス

いったん止血しても、傷が完全にふさがるまでは、刺激すると再び出血してしまいます。
傷がふさがるまでは7日~10日ほどかかりますので、刺激しないように注意をしましょう。

医療機関を受診した際には、鼻血が出た状況や出血している時間、出血の量などを伝えてください。

上を向いて、うなじを叩く行為は止血の役には立ちません。
血液を飲み込みやすくなるので、やめましょう。

もっと調べる

参考リンク

みんなの健康百科 応急手当 鼻血
日本医師会

初診に適した科

耳鼻咽喉科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

飯山市 飯山赤十字病院

長野市 篠ノ井総合病院

東信

上田市 信州上田医療センター

佐久市 浅間総合病院

中信

安曇野市 安曇野赤十字病院

安曇野市 長野県立こども病院

松本市 相澤病院

松本市 まつもと医療センター松本病院

南信

飯田市 飯田市立病院

駒ヶ根 昭和伊南総合病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。