顔面神経麻痺

どんな病気

突然、顔の片側に麻痺がおきることによって、まぶたが完全に閉じなくなったり、頬や口角が垂れ下がり、口の中の食べ物やよだれが垂れるなどの状態がおこります。

原因

病気やケガなどの原因が明らかな症候性顔面麻痺と、原因が不明な特発性顔面神経麻痺(ベル麻痺など)に分けられます。

症候性顔面麻痺

 中耳炎糖尿病、耳下腺腫瘍などの病気や、ケガや手術の合併症などでも、顔面神経の麻痺が起こることがあります。

特発性顔面神経麻痺

 ベル麻痺
 顔面神経麻痺の60%程がベル麻痺です。
 人口10万人あたり30人ほどの発症頻度といわれています。
 おもに単純ヘルペスウイルスの感染に関連していると推測されています。
 発症は性別に関係なく、年齢とともに増加します。
 適切な治療を行うと、2~3カ月かけて、70%近くが回復するといわれています。

 ラムゼイ-ハント症候群
 帯状疱疹ヘルペスウィルスの感染に関連していると考えられています。
 人口10万人あたり5人ほどの発症頻度です。
 外耳道に小さな水疱(水ぶくれ)と痛みを伴います。
 口の中にも水疱ができることがあります。
 先にまひが出現して、遅れて水疱が出てくることもあるため、初期にはベル麻痺と
 区別が難しいことがあります。
 難聴や、耳鳴り、めまいなども見られることがあります。

 

症状

• 麻痺側の額にしわを寄せられない。
• 目を閉じられない。涙の分泌が減る。
• 頬や口角が下がる。食べ物がこぼれる。口笛が吹けなくなる。
• 麻痺側の耳が過敏になり、音が大きく、響くように感じる。
• 舌の先の味覚が鈍く感じる。

 

脳梗塞との区別


顔が麻痺を起こす他の代表的な病気に脳梗塞があります。
見分け方は

• 手足のまひや感覚の異常がない。


• 額のしわ寄せができるかできないか

額のしわ寄せに左右に差ができる時には顔面神経麻痺のことが多く、脳梗塞では左右に差が見られないことが多い

 

検査

表情筋スコアリング(柳原法)と呼ばれる点数をつけて、重症度を点数化して調べます。

その他に涙分泌検査、あぶみ骨筋反射、味覚検査、誘発筋電図検査などを必要に応じて行います。

治療

• 原因が明らかな場合には、その病気の治療を行います。

• 原因が明らかでない特発性顔面神経麻痺の場合には、ステロイド薬や抗ヘルペス
ウイルス薬を服用します。

• 目を閉じられない場合は、目が傷付いたり、乾燥しないように点眼薬を使用します。

• 重症度の点数が高い場合には顔面神経の負担を減らす手術を行うこともあります。

ホームドクターからのアドバイス

発症からなるべく早めに投薬治療を開始する方が回復がよくなります。
気づいた時にはすぐに受診することが大切です。

糖尿病緑内障などの基礎疾患がある方は、ステロイドによって状態が悪化する危険性があるため総合病院を受診することをお勧めします。

顔面の筋肉の引きつれ防止のためのマッサージやリハビリを行うこともありますが、広い範囲を同時に動かしたり、刺激が強すぎると、神経の回復時に間違って別の神経とつながってしまい、後遺症が残ることがあります。
マッサージは医療機関で適切な指導のもと行いましょう。

もっと調べる

参考リンク

〇 佐久医師会 教えてドクター みんなの医学
日本神経治療学会 Bell麻痺
 (この標準的神経治療は医療従事者向けです)

 

初診に適した科

耳鼻科、神経内科、脳神経外科、内科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

中野市 北信総合病院

長野市 篠ノ井総合病院

東信

佐久市 浅間総合病院

佐久市 佐久総合病院(本院)

中信

安曇野市 長野県立こども病院

松本市 相澤病院

松本市 まつもと医療センター松本病院

南信

飯田市 飯田市立病院

諏訪市 諏訪赤十字病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。