関節リウマチ

どんな病気

関節リウマチは、免疫機能に異常が生じて、抗体が自分の関節を攻撃してしまい炎症をおこす炎症性自己免疫疾患です。

関節に炎症が続くと、骨が徐々に破壊され、関節が変形し、日常生活に支障をきたすようになります。

発症が最も多いのは30~50歳代で、男女比は1対4で女性に多く発症します。

原因

発症の原因はまだよくわかっていませんが、遺伝的な要因や細菌やウイルスの感染、喫煙、出産などの要因が重なって起こると考えられています。

症状


・関節の腫れ、痛み
・朝のこわばり(起床後、すぐに思うように動かない)
・全身倦怠感、疲労感
・貧血
・発熱

 

検査

問診や視診などにより、部位や症状の程度をみます。

血液検査
炎症反応や自己抗体の有無などを検査します。

レントゲン検査
関節の状態を検査します。MRI検査、超音波検査なども行います。

治療

薬物療法を基本に、リハビリテーションや生活の工夫を組み合わせた治療・ケアが必要です。

薬物療法
・腫れや痛みをやわらげたり、病気の進行を抑えます。

リハビリテーション
・関節を動かさずにいると関節や筋肉などの機能が落ちてしまうため、負担をかけずに動かす訓練を行います。無理に行うと症状を悪くしてしまうこともありますので、医師や理学療法士の指導を受けて行います。

手術療法
・変形した関節は、薬やリハビリテーションを行ったりしても、元に戻すことはできません。関節の機能が失われて日常生活に支障をきたす場合や、薬を飲んでも激しい痛みが続くような場合などには、手術を考えます。
・滑膜(かつまく)切除術:炎症を起こしている滑膜を取り除く手術です。
・人工関節置換術:破壊された関節を人工関節に取り取り替える手術です。
・関節固定術:関節を固定する手術です。

ホームドクターからのアドバイス

治療を受けずに放っておくと、だんだん動けなくなる可能性があります。早期の治療が大切です。

日常生活での注意点

・喫煙は症状を悪化させます。喫煙はやめましょう。
・食事はバランスよく。良質のたんぱく質や、カルシウム、鉄分を積極的に摂るようにしましょう。
・疲れや精神的ストレスは症状を悪化させることがあります。睡眠や休養を十分に取りましょう。
・適度に体を動かしましょう。
炎症や痛みが強い時は安静が第一ですが、病状が落ち着いてきたら関節や筋肉の機能を守る
ために、自分にできる範囲で毎日少しずつリハビリテーションや運動を続けましょう。
・冷やさないことで痛みはやわらぎます。関節を冷やさないようにしましょう。
・関節に負担をかけない動作や道具を利用する。
持ちやすい食器や握りやすいスプーンを使ったり、畳に座るより椅子に座ったほうが膝や股関節の負担を減らすことができます。日常生活を工夫して、関節に負担をやわらげましょう。

もっと調べる

参考リンク

日本整形外科学会 病気・症状をしらべる 全身の症状 関節リウマチ
日本医師会 健康の森 病気をチェック! 関節リウマチ(リウマチ)

初診に適した科

リウマチ科、膠原病内顆、整形外科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

長野市 篠ノ井総合病院(リウマチ科)

長野市 長野市民病院

長野市 長野松代総合病院(専門医外来:リウマチ科)

東信

小諸市 小諸厚生総合病院(リウマチ科)

佐久市 佐久総合病院(リウマチ・膠原病内科)

中信

安曇野市 安曇野赤十字病院

池田町 あづみ病院

松本市 相澤病院

松本市 中信松本病院

松本市 松本市立病院

南信

飯田市 飯田市立病院(リウマチ科)

岡谷市 岡谷市民病院

諏訪市 諏訪赤十字病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。