過敏性腸症候群

どんな病気

過敏性腸症候群(IBS)とは、腸管に癌などの病気はみられないにもかかわらず、大腸の動きや働きが過剰なために、便通異常や腹痛、腹部不快感などが起きるな病気です。

腹部検査ではとくに異常は見られないのに、 仕事中や通勤・通学の途中、試験前に急にお腹が痛くなって、トイレに駆け込むなどの症状がある場合には、過敏性腸症候群の可能性があります。

原因

・腸の過敏さは個人の体質や遺伝的な要因がもともと大きく関与しています。

・ストレスも関連し、不規則な生活、不安や緊張などが原因となります。
ストレスは自律神経の異常を引き起こし、その結果、腸が過敏になり起こるといわれています。

・腸内細菌のバランスが悪いことも原因のひとつと考えられています。

分類

・下痢型:腹痛や腹部不快感をともなう慢性的な下痢
・便秘型:腹痛や腹部不快感をともなう慢性的な便秘
・混合型:下痢と便秘が交互に繰り返す(交代性便通異常)

 

症状

・腹痛を伴う便通異常
・腹痛、腹鳴、排ガス、腹満感
・倦怠感、不安、不眠、頭痛、頻尿、発汗、動悸などの全身症状を伴うこともあります。

検査

・内視鏡検査、X線検査、超音波検査、血液検査などにより原因となりうる胃腸の病気があるかを検査します。はっきりした原因が認められないにもかかわらず胃腸の症状が続く場合に過敏性腸症候群の可能性を考えます。

治療

薬物療法
消化管運動調節薬、整腸薬などを服用します。

食生活、生活習慣の改善

身体的な病気ではないと否定できたうえで、安心してもらえるよう心理的サポートを行います。

ホームドクターからのアドバイス

生活習慣の改善

・規則正しい生活リズムを心がけましょう。
・睡眠をしっかり取りましょう。
・三食バランスのよい食事を心がけ、腸に良い乳酸菌や発酵食品を摂ることにより腸内環境を改善しましょう。
・適度な運動を行いましょう。
・ストレスを溜めないよう、趣味などで気分転換をしたり、リラックスできる時間を持ちましょう。

薬について

整腸薬、胃腸の運動を調節する薬、下痢止め、便を固める薬、便秘薬、抗不安薬、漢方薬などさまざまな薬剤がありますが、体質も関連しますので、根本治療にはなりません。お薬の数が増えすぎないように注意しましょう。
命にかかわらないので大丈夫と気にしすぎずに、上手に付き合えるように思考を変えることも大切です。

もっと調べる

参考リンク

日本臨床内科医会 わかりやすい病気のはなし 過敏性腸症候群
○ アステラス製薬株式会社 なるほど病気ガイド

初診に適した科

消化器内科、内科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

長野市 篠ノ井総合病院

長野市 長野市民病院

東信

上田市 信州上田医療センター

佐久市 佐久総合病院

中信

安曇野市 安曇野赤十字病院

池田町 あづみ病院

松本市 相澤病院

松本市 まつもと医療センター松本病院

松本市 松本協立病院

南信

飯田市 飯田市立病院

岡谷市 岡谷市民病院

茅野市 諏訪中央病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。