虫刺され

!ポイント

アナフィラキシー症状に注意!刺されて1時間以内は症状をよく観察する」

「アナフィラキシーショック」の症状

全身のじんましん、唇やまぶたの腫れ、呼吸困難、血圧の低下、意識低下など

 

※とくに「ハチ」は、症状の進行が速く、刺されてから心停止まで15分という報告もあり、注意が必要です。

ハチに刺されたら直ちに、近くの人に助けを求め、
何らかのアナフィラキシー症状が現れた場合、早急に医療機関を受診してください。

対処

◆ハチに刺された!◆
①その場から速やかに離れる
慌てて走らずに、静かに距離をとる

針が残っていたら、抜き取る
指やピンセットで強くつまむと、
毒液が体内に注入されてしまうため、慎重に抜く。
クレジットカードやバターナイフ等、薄くて固い、切れにくいもので
幹部をやさしくこすって、そぎ取りましょう。

毒を絞りだしてみる
強すぎず無理のない程度で

④刺された箇所を流水で洗う

冷やす(保冷剤や冷湿布でOK)

◆ブヨ、アブ、毒ガ、毛虫などに刺された!◆
①こすったり、かいたりせずに、流水でよく流して十分に冷やす

② 症状が軽い場合には、市販のかゆみ止めの外用薬(抗ヒスタミン軟膏など)を塗る

③ 赤いかぶれ、かゆみの強い発疹、水ぶくれなどがある場合には皮膚科を受診しましょう

受診の判断目安

救急車を呼ぶ ・全身にじんましんがある
・顔色が悪い
・呼吸が荒く息苦しい
すぐに
医療機関を受診
・蜂に刺されていて、上記症状がない場合

参考:応急手当 救急車の呼び方

※呼吸困難や血圧が低下(脈が触れない)して、呼びかけに反応しなくなったときには、救急車が到着するまで心肺蘇生法を開始します

参考:病気の基礎知識 虫刺され

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。