薬の飲み方

H28年5月、10月に開催されました健康教室「まんまる◎広場」の内容を元に作成しています

医薬品は目的や用途によって様々な種類があります。

【医薬品の剤形】

剤形別服用方法アドバイス

①粉薬

メリット
• 薬の量をきめ細かく調整できる
• 複数の薬を混合して1包にまとめられる

デメリット
• 薬によっては苦味や臭いが強い
• 湿気に弱い薬が多いく、長期間保存ができない

飲み方

◯乳児には
粉薬に少量の水を加えて、団子状にします。

それを「上あご」か「ほっぺたの内側」にこすりつけて、水やミルクを与えて飲ませます。
スポイトやスプーンをつかって 飲ませても良いです。

関連Q&A

Q.乳児の薬をミルクに混ぜて飲ませても良いか?

A.ミルク嫌いになる恐れがあるので、避けたほうが良いでしょう。

◯幼児には
水を少しだけふくんで口の中を湿らせます。

粉薬を口の中に入れます。

コップ1杯の水かぬるま湯で薬を飲みこみましょう。


粉薬が嫌いな場合は、子供の好きなものに混ぜて飲ませる事もできます。
ジュースなどと混ぜると苦くなる薬もあるので注意が必要です。
味の濃いチョコレートアイスなどに混ぜることもよいでしょう。

②シロップ薬

メリット
• 薬の量をきめ細かく調整できる
• 子供用に甘く味付けされていて飲み易い

デメリット
• 長期保存が困難(汚染されやすい)
• 1回量の測り取りが難しい

飲み方

容器を軽く振って、中身を混ぜます。
決められた量をカップに正しく注いで飲みます。

※飲んだ後で、水やぬるま湯を飲むと、口の中がさっぱりします。
※使用する計量カップやスポイトは清潔に保ちましょう。

③錠剤・カプセル剤


メリット
• 粒が飲めれば飲みやすい
• 携帯に便利
• 保存期間が長い

デメリット
• 薬の量をきめ細かく調整できない
• 複数の薬を飲むさいに、錠数が増える

飲み方

水やぬるま湯で飲みましょう。

関連Q&A

Q.薬は噛み砕いて服用しても良い?

A.薬の形を変えるのは危険です。
薬はより飲みやすく、より効果があるように工夫されています。
噛み砕いたり、カプセルを外して中身だけを服用すると、思いもよらない副作用が起こる事があります。

④坐薬

メリット
• 口から飲む事が出来なくても使用できる

デメリット
• 挿入時の刺激で排便することがある
• 持ち歩きが難しい(冷蔵保存の薬が多い)

使い方

包装シールから薬を取り出して、先の尖った方を肛門にあてて押し込みます。
乳児の場合はおむつをかえる体勢で入れます。
挿入後はティッシュペーパー等で、 10秒ほど肛門を押さえます。
※挿入の刺激で排便をする場合があるのため、排便後が望ましい。

関連Q&A

Q.坐薬を入れたらウンチと一緒に出てきました。もう一度入れなおして良いか?

A.使用5分以内で坐薬が塊で確認できる場合は、もう一度入れなおして下さい。
10分以上経っている場合は使用を控えて様子を見て下さい 。

Q.坐薬が2種類出ました。同時に使用しても良いですか?

A.同時に使用すると薬の吸収が落ちて、効果が弱くなる可能性があります。
30分以上間隔を開ければ使用できます。
使う順番については、医師又は薬剤師に確認して下さい。

⑤塗り薬(軟膏・クリーム)

メリット
• 軟膏は、皮膚刺激性が少ない
• クリームは、伸びが良く目立たない

デメリット
• 軟膏は、てかりや、べたつきがある
• クリームは、まれに刺激感がある

使い方

薬を塗る部分と、自分の指先をきれいに洗います。
決められた量を指先に付けて患部に塗って、よく伸ばします。
※厚く塗っても効果は強くなりません。
※チューブから直接患部に塗ってはいけません(薬を清潔に保つため)

⑥点眼・点鼻・点耳薬・吸入薬

メリット
• 直接患部に使用できる

デメリット
• 使用を嫌がる子供がいる
• 吸入が上手く出来ないと効果がでない

点眼薬の使い方

まず、手をよく洗いましょう。
容器の先が目に触れないようにして薬を一滴だけ落とします。
点眼を嫌がる場合は、頭を固定して目頭付近に1滴落として、下まぶたを軽く押し下げます。
点眼した後は、目を閉じて、1分間以上そのまま待ちます。
※手でこすらないようにしましょう。
※2種類以上の目薬を使う時は5分間以上の間隔を空けてから点眼しましょう。

⑦テープ剤

メリット
• 直接患部に薬が使用できる

デメリット
• テープでかぶれてしまう事がある

貼り薬の使い方

患部の汗や汚れを拭き取って、清潔にします。
シップのフィルムを少しはがし、患部に当てながらシワにならない様に気を付けて、フィルムをはがしながら貼ります。
※貼付(ちょうふ)した湿布を全体的に手で押さえておきましょう。
※はがす時には、皮膚のしわの方向に沿って、やさしくはがして下さい。

その他Q&A

Q.薬を飲み忘れたときは、思い出したときに飲んでもよい?

A.勝手な判断で飲むのは危険です
薬は決められた量や回数より多いと血中濃度が高くなって、副作用を起こすことがあります。
また、少ないと血中濃度が低くて効果が発揮されないことがあります。
飲み忘れたときの対応方法は医師または薬剤師に聞きましょう。

【薬の飲むタイミング(用法)】

Q.お酒で薬を飲んでも良い?

A.お酒で薬を飲んではいけません
お酒は肝臓で分解されます。薬も肝臓で分解されます。
そのため一緒に飲むと薬の分解が遅くなり、薬の効果が強くなりすぎて副作用(意識を失う、転倒するなど)が起きやすくなります。

Q.「お薬手帳」は何冊も持った方が良い?

A.「お薬手帳」は一冊にしましょう
病院で・・・
2ヵ所以上の医療機関を受診する時に、過去の病歴、医薬品歴がわかると、治療方針を決
めるのに役立ちます。
薬局で・・・
併用薬の有無、副作用・アレルギー歴が理解され、薬の副作用防止、重複作用防止に役立ちます。


箱や袋、説明書などは 使い終わるまで保管しましょう 。
説明書には、薬の名前、成分、用法・用量や効能・効果、副作用などの大切な記載がしてあります。

Q.あまってしまった薬はどの位もちますか?

A.原則として、残って飲み薬は捨てて下さい。
粉薬やシロップ剤は混合されている場合もあり、使用期限が短い。
坐薬は冷蔵保存であれば1年位は大丈夫です 。

Q.薬を飲ませたらすぐ吐きました。もう一度飲ませてもいいですか?

A.錠剤やカプセルであれば全量を吐いた事が分かりますが、粉薬の場合は良くわかりません。
30分以上たっている場合は吸収されている場合が多いのため、飲ませないで下さい。

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。