膀胱炎

どんな病気

膀胱炎は、膀胱の粘膜が細菌の感染によって炎症を起こす病気です。
女性に多くみられます。女性は尿道が4~5cm程度と男性に比べて短いので、外部からの細菌が膀胱に入りやすいためです。

「おしっこをするとき痛い」「下腹部がむずむずする」「おしっこが近い」「おしっこが赤い」などは膀胱炎によくみられる症状です。
また、しっかりと治しておかないと腎盂腎炎などを引き起こす可能性があります。

「日本医師会ホームページ http://www.med.or.jp/chishiki/jinujinen/001.html 」より引用

原因

細菌感染により膀胱に炎症が起こります。
細菌の感染は尿道から膀胱に侵入してくることで起こりますが、おしっこを出すことで入り込んできた細菌は排出されます。
しかし、
 ・疲労やストレスなどで体力が落ち免疫力が低下する
 ・トイレを長時間我慢したり、体を冷やしたりする
と細菌に感染しやすくなります。

膀胱炎の原因となる細菌

大腸菌(原因菌の80%前後を占める)、黄色ブドウ球菌、セラチア菌、プロテウス、肺炎桿菌、腸球菌など

膀胱炎の主な種類

急性膀胱炎:膀胱炎と一般的に呼ばれる病気です。基礎疾患のない女性がほとんどです。
慢性膀胱炎:症状はほとんどありませんが、急性に悪化することがあります。

症状

・トイレが近い
・残尿感がある
・排尿時に痛みがある
・下腹部に違和感がある
・尿に血液が混じっている
・微熱

検査

尿検査
細菌や、白血球などを検査します。尿中の細菌培養検査を行うこともあります。

治療

急性膀胱炎
抗生物質を投与します。
3~5日分処方され、飲み始めて1~2日で症状は落ち着き、1週間程で治ります。

慢性膀胱炎
急性膀胱炎よりも治療は長引きます。
また慢性膀胱炎では原因となる基礎疾患がある場合があり、基礎疾患の治療も必要です。

ホームドクターからのアドバイス

膀胱炎を防ぐために

① 体の免疫力を保つ
 ・体を冷やさない(温める、運動などで血流をよくする)
 ・疲労やストレスを溜め込まない
② 膀胱内で菌を増やさない
 ・トイレを我慢しない
 ・水分を多めにとる
③ 陰部の清潔を保つ

○高熱や背中の痛みが出現した場合には細菌が膀胱から尿管をさかのぼって、腎盂腎炎になっている可能性がありますので、早めに病院を受診しましょう。

もっと調べる

参考リンク

○ 日本医師会 健康の森 病気をチェック! 腎盂腎炎
○ 日本泌尿器科学会 こんな症状があったら

初診に適した科

泌尿器科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

長野市 篠ノ井総合病院

長野市 長野市民病院

東信

佐久市 浅間総合病院

佐久市 佐久総合病院

中信

安曇野市 安曇野赤十字病院

池田町 あづみ病院

松本市 相澤病院

松本市 まつもと医療センター松本病院

松本市 松本市立病院

南信

飯田市 飯田市立病院

岡谷市 岡谷市民病院

茅野市 諏訪中央病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。