腸閉塞

どんな病気

腸閉塞は、何らかの原因によって小腸や大腸で食べた物の通過が悪くなったり、通過できずに詰まってしまう病気です。
腸が詰まると腸が膨らんでお腹が張ります。また詰まっているために逆流して、吐き気や嘔吐を起こします。

進行すると全身状態が急激に悪化して、死亡に至ることもあるため、早期に受診して適切な治療を受けることが必要になります。

一度お腹の手術をした方は、傷を治す成分によって腸管が癒着してしまい、通貨が悪くなり腸閉塞を起こすことがあります。

原因

機械的腸閉塞
・手術や炎症による腸管の癒着によって、腸の内容物が通らなくなる。もっとも頻度が多い。
・大きなポリープや腫瘍、鼡径ヘルニアなどにより、腸の内容物が通らなくなる。
・腸と腸が捻じれることで、腸の内容物が通らなくなる。手術が必要となる場合が多い。

機能的腸閉塞
・腸の運動が低下(麻痺やけいれん)して、腸の内容物が通らなくなる。
イレウスとも呼ばれる。

症状

 

・おならや便が出なくなる
・腹痛、お腹が張る(腹部膨満感)
・吐き気、嘔吐

 

検査

問診にて過去の腹部手術の有無を確認します。

聴診
腸の動きの音を確認します。

血液検査
炎症を起こしているか、脱水をおこしているかなど体の状態を検査します。

X線検査
ガスの溜っている状態を検査します。

CT検査
腸の状態や閉塞部位、造影剤を使用して血液の流れぐあいなどをくわしく検査します。

治療

保存療法
・点滴が必要となるため、原則入院治療になります。
・飲食を止めて胃腸を休めるとともに、点滴をして脱水状態を改善します。
・鼻から腸の閉塞しているところまで長い管を入れて、腸の内容物を排出して、腸管内の圧力を下げます。

手術
・一週間程度の保存療法を行っても、腸の閉塞が改善しない場合や腸の血行障害がある場合などは手術を行います。
・ねじれを戻したり、原因となる異物や腫瘍の除去、必要であれば腸管を切除します。

ホームドクターからのアドバイス

・腸閉塞は、状態によっては命に関わる病気です。不調を感じたら、できるだけ早く受診しましょう。

・確立された予防法はありませんが、暴飲暴食をさける、消化の悪いものを大量に摂取せず、規則正しい食生活を心がけるなど、日常生活を気を付けることが大切となります。

「消化の悪い食べ物」

・野菜やきのこなどの食物繊維の多い食品:ごぼう、たけのこ、ふき、切り干し大根、もやし、わかめ、ひじき、きのこ類 など
・硬い食品:固まり肉、牛すじ肉、イカ、タコなど

もっと調べる

参考リンク

日本小児外科学会 腸閉塞

初診に適した科

消化器内科、内科、外科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

長野市 篠ノ井総合病院

長野市 長野市民病院

東信

上田市 信州上田医療センター

佐久市 佐久総合病院

中信

安曇野市 安曇野赤十字病院

池田町 あづみ病院

松本市 相澤病院

松本市 まつもと医療センター松本病院

松本市 松本協立病院

南信

飯田市 飯田市立病院

岡谷市 岡谷市民病院

茅野市 諏訪中央病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。