粉瘤

どんな病気

粉瘤(ふんりゅう、医学用語ではアテローム)は皮膚の良性腫瘍で、皮膚の一部が袋状に変化して、角質と皮脂が袋の中にたまったものです。

真ん中にやや黒い開口部が見られます。

感染して赤く腫れて炎症を起こす場合があります。

頭部、顔、耳、胸、背中など上半身にできやすく、徐々に大きくなります。

一般的に「脂肪のかたまり」などと言われることがありますが、実際には脂肪ではなく、皮膚の老廃物が溜まっています。

原因

原因はわかっていません。
打撲や外傷などの後に起こることやにきびの痕にできることもあります。

症状

• しこり:大きさは、数ミリから数センチとさまざまです。徐々に大きくなります。
• 中央付近に黒い開口部
• 細菌が入って感染すると、膿がたまって赤く腫れ上がり、痛みを伴います。

検査

問診、視診、触診
超音波(エコー)検査

粉瘤なのか、本当の脂肪のかたまり(脂肪腫)なのかを検査します。

治療

痛みなどの炎症がない場合は、経過観察します。

細菌に感染して炎症を起こした場合

薬物療法:抗生物質や炎症を抑える薬を服用します。
排膿:表面の皮膚を少し切開して、中にたまった膿や角質などを排出させます。

手術

じょじょに大きくなるものや、炎症を起こしたものなどは切除します。
袋ごとすべてを取りきらないと再発をしてしまいます。
粉瘤の構造をよく理解している皮膚科医や形成外科医に相談をしましょう。
良性の腫瘍ですので、手術をするかどうかは医師とよく相談しましょう。

もっと調べる

参考リンク

日本皮膚科学会

初診に適した科

皮膚科、形成外科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

長野市 篠ノ井総合病院

長野市 長野松代総合病院

東信

上田市 信州上田医療センター

佐久市 佐久総合病院

中信

池田町 あづみ病院

大町市 市立大町総合病院

松本市 まつもと医療センター松本病院

松本市 松本市立病院

南信

飯田市 飯田市立病院

岡谷市 岡谷市民病院

茅野市 諏訪中央病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。