突発性発疹

どんな病気

突発性発疹(とっぱつせいはっしん)は、突然の高熱が3~4日ほど続き、熱が下がるころに、全身に小さな発疹が現れる病気です。

お母さんから受け継いだ免疫(めんえき)力が弱くなる、生後半年から1歳くらいの赤ちゃんが、初めて高熱を出して受診することが多い病気です。

感染力はそれほど強くないため、流行すること少なく、1年間を通して見られます。

原因

ヒトヘルペスウイルスに感染して起こります。

感染経路は、はっきりとはわかっていません。

ヒトヘルペスウイルス6(HHV-6)と、ヒトヘルペス7(HHV-7)と2種類あるため、2度突発性発疹にかかることもあります。

症状

• 急に38度以上の高熱が出る

• 熱は高いものの比較的機嫌は良い
かるい鼻水や下痢などの症状が見られます。

• 3日目くらいに熱が下がってきたころに、お腹や背中を中心に赤い発疹が出てくる

 「 http://www.miyake-naika.or.jp/13_medemiru/kodomo_toppatuhossin.html 」より引用

検査

体温や発疹などの症状から診断します。

治療

安静と水分補給が大切です。

薬物療法

突発性発疹のウイルスに効果のある抗菌薬はありません。
高熱でつらそうな時には、アセトアミノフェン座薬などの解熱薬を使用します。

ホームドクターからのアドバイス

家庭で気をつけること

安静が大切です。赤ちゃんが落ち着く状態で静かに過ごしましょう。

水分補給

汗をたくさんかくので、水分を十分に補給してください。一度にたくさん飲ませると吐いてしまうことがあるので、少しずつこまめに飲ませましょう。

衣類、寝具

いつもより少なめにして熱がこもらないようにしましょう。

入浴

熱が高い間は、体力が消耗しているので入浴は控えます。
タオルで拭いてあげましょう。
熱が下がってきて、機嫌が良ければ入浴して大丈夫です。

「熱性けいれん」

高熱がでるため、熱性けいれんを起こしてしまうことがあり、注意が必要です。

突発性発疹からウィルス性髄膜炎になってしまって、けいれん発作を起こしていることもあるため、すぐに医療機関を受診しましょう。

○日本医師会 白くま先生のこども診療所 発熱、体が異常に熱い
https://www.med.or.jp/clinic/sick_hatsunetsu.html
○日本小児科学会 こどもの救急 発熱(38℃以上)
http://kodomo-qq.jp/index.php?pname=hatsunetsu

もっと調べる

参考リンク

みんなの健康百科 応急手当 熱性けいれん
国立感染症研究所 感染症情報センター 感染症の話 突発性発疹

初診に適した科

小児科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

長野市 篠ノ井総合病院

長野市 長野市民病院

東信

上田市 信州上田医療センター

佐久市 佐久総合病院

中信

安曇野市 安曇野赤十字病院

池田町 あづみ病院

大町市 市立大町総合病院

松本市 相澤病院

松本市 中信松本病院

松本市 松本協立病院

松本市 松本市小児科・内科夜間急病センター 

松本市 松本市立病院

南信

飯田市 飯田市立病院

岡谷市 岡谷市民病院

茅野市 諏訪中央病院 

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。