発熱(乳幼児)

!ポイント

「機嫌がよければ、あわてない」
こどもの発熱=37.5℃以上
発熱は身体の免疫反応なので、急いで熱を下げる必要はありません

熱の出始めには寒気(ふるえ)が出ることがありますが、ふるえはけいれんと違って、意識あり・反応ありの状態です

対処

①布団に寝かせて安静・保温をする
重ね着をしすぎて、熱がこもらないように注意してください

脇の下や太もものつけ根を冷やす
※汗をかいたら濡れタオルで拭いたり、下着を取り替えたりしましょう
※タオルで包んだ氷やアイスノンを首、 脇にあててあげると効果的

③脱水症状を防ぐためにもこまめに水分補給をする

【医療機関への受診の判断目安】


【解熱薬について】
• 15歳未満の子どもに使える解熱薬は、アセトアミノフェンとイブプロフェンのみです
市販薬にはさまざまな成分が入っていることがるため注意が必要です

• 解熱剤の使用のめやすは何℃だから使うということはありません
熱の出だしは、まだ低いうちでも早く使った方が効果的です
いったん熱が上がってしまって、落ち着いている際には、それからあえて使用して下げる必要はありません

熱によって、ぐったりしている、食べられない、眠られない、頭痛やからだの節々がいたいなどの時には、使用して楽に過ごすことも良いでしょう

• 薬は必ず医師から、本人に処方されたものを使用すること
とくに子供用は、体重で薬の量が異なります

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。