病院のかかり方

かかりつけ医をもちましょう

①メリット

• 気軽に健康相談ができる
• 持病や既往歴から総合的に判断してくれる
• 家族背景、社会歴を考慮してくれる
• 専門家との橋渡しをしてくれる
• 病気になる前(未病)に健康指導をしてくれる

②かかりつけ医探しのポイント

 全身のことを考えてくれる
 いざという時に話を聞いてくれる
 分からないことを分からないと言える
 適切な病院や専門家に紹介してくれる
 薬は5種類程度まで(もちろんもっとたくさん必要な時はある)

初めて受診するとき

③初診で伝えるときのポイント

病気の経過を順序立てて伝えられるようにまとめておきましょう
5W1H
WHO・WHERE 『だれが・どこが』 あたまが、のどが
WHEN     『 いつ』いつから、経過、変化、過去にもあったか
WHAT・HOW 『なにが・どのように』どうしたらよくなる、悪くなる、どのような性状
WHY 『なぜ』 きっかけ、思い当たる理由

例 頭が痛くて受診したときに何を伝えるか
• 初めてか、過去にもあったか
• いつから
• 痛みの持続時間
• 痛みの経過(治まったり、ひどくなったりしたか)
• 頭のどのあたりが痛むか
• どんな痛み(ていど、ガンガン、ズキンズキン)
• きっかけ(転んで頭をぶつけた など)
• どんなときに起こるか
• 他の症状(鼻水、咳、発熱、吐き気など)
• 持病

④普段から自分の病歴などをまとめておきましょう

• 現在治療中の病気、過去にかかった病気

• 飲んでいる、または飲んでいた薬の名前
⇒ お薬手帳へ(1冊にまとめましょう)

• 薬のアレルギー
⇒ あればメモを持ち歩くか、お薬手帳に記入しておく

• 健診・検診を受けたときのデータ

• その他(家族歴、職業歴、飲酒喫煙歴など)

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。