異物誤飲

!ポイント

「飲み込んだ物によって、対応が異なります」
①飲み込んだものを確認
②受診
※受診する際に、飲み残しや容器などがあれば持参する

【判断の目安(症状)】

【判断の目安(飲んだもの)】

飲み込んだものを吐かせる方法

◆乳児
自分の腕または太ももの上に子どもをうつぶせにし、頭を下げて、口の奥を指で押して吐かせる

松本市、松本市医師会 「お子さんが急病になったとき」 http://www.mcci.or.jp/www/ishikai/ より引用

◆1歳以上
左側を下にして寝かせ、 口の奥を指で押して吐かせる

松本市、松本市医師会 「お子さんが急病になったとき」 http://www.mcci.or.jp/www/ishikai/ より引用

※針やヘアピン、ボタン型電池は、消化管を傷つけるおそれがあるため、吐かせない

※異物がのどに詰まって窒息状態のとき
異物が喉につまった参照

迷ったときは??

【(財)日本中毒情報センター(一般市民専用・無料)】
◆大阪中毒110番(24時間対応) 072-727-2499
◆つくば中毒110番(9時~21時対応) 029-852-9999
◆タバコ専用電話(365日 テープによる情報提供) 072-726-9922

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。