熱中症

!ポイント

「意識の有無を確認して、症状に応じた対処を!!」

✓項目 1つでも当てはまれば救急車を呼ぶ
• 体温が高い
意識障害がある
• 呼びかけても反応が鈍い、言動が不自然
• ふらつく

ポイント
症状が悪化すると、本人は意識が障害されるために、正しい判断ができなくなります
周囲の人が判断をして医療機関を受診させることが大切です。

<救急車を待っている間の処置!!>

全身に水をかけたり、濡れタオルを当てて身体を冷やす
水温は常温かぬるま湯(40~45度)程度
首すじ、脇の下、太ももの付け根などの大きい血管を水やアイスパックで冷やす
• 扇風機、うちわ、ドライヤー(常温)、タオルなどで風を送る

①応急処置のポイント
◆意識があるなら、風通しのよい木陰やクーラーがきいている室内など、涼しいところに運ぶ
◆寝かせて衣服をゆるめる、または脱がせて身体を冷やす
◆塩分や水分を補給する

②症状別の処置

塩分濃度0.1~0.2%の経口補水液の作り方

▶材料
• 水1L
• 食塩1~2g(小さじ半分ていど)
• 砂糖20~40g(大さじ2~4杯)
• 好みで、レモン果汁や梅干しなどを入れる

参考:病気の基礎知識 熱中症

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。