機能性胃腸症

どんな病気

機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)とは、内視鏡検査などで器質的な異常が認められないにもかかわらず、慢性的にみぞおちの痛みや胃もたれなどの症状を起こす病気です。

原因

・胃の運動機能障害
・消化管の知覚過敏
・粘膜の炎症
・胃酸による刺激
・ピロリ菌感染
・ストレス
などの、複合要因が考えられます。

症状

みぞおちの痛みや胃もたれ、腹満感などの胃腸の不快感をたびたび繰り返します。

検査

内視鏡検査、超音波検査、血液検査などにより原因となりうる病気があるかを検査します。

治療

症状を改善する治療が中心となります。

・薬物療法
症状に応じて、酸分泌抑制薬や消化管運動調節薬などを服用します。

・ピロリ菌が陽性の場合は、除菌を行います。

・食生活、生活習慣の改善

・身体的な病気ではないと否定できたうえで、安心してもらえるよう心理的サポート

ホームドクターからのアドバイス

生活習慣の改善

・規則正しい生活リズムを心がけましょう。
・睡眠をしっかり取りましょう。
・脂の多いもの、刺激の強いものの摂り過ぎに気を付け、三食バランスのよい食事を心がけましょう。
・適度な運動を行いましょう。
・ストレスを溜めないよう、趣味などで気分転換をしたり、リラックスできる時間を持ちましょう。

もっと調べる

参考リンク

日本消化器病学会 機能性ディスペプシア ガイドブック
日本消化器病学会 過敏性腸症候群(IBS) ガイドブック
日本消化器病学会 大腸ポリープ ガイドブック
○ アステラス製薬株式会社 なるほど病気ガイド

初診に適した科

消化器内科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

長野市 篠ノ井総合病院

長野市 長野市民病院

東信

上田市 信州上田医療センター

佐久市 佐久総合病院

中信

安曇野市 安曇野赤十字病院

池田町 あづみ病院

松本市 相澤病院

松本市 まつもと医療センター松本病院

松本市 松本協立病院

南信

飯田市 飯田市立病院

岡谷市 岡谷市民病院

茅野市 諏訪中央病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。