手荒れ

どんな病気

手は皮脂腺が少なく、水仕事や空気の乾燥などで皮脂と水分が失われやすい部位です。

手荒れは、手や指の表面が乾燥や傷がついた状態で、ガサガサしたり亀裂(きれつ)が起こります。亀裂が入った状態は「ひび割れ」「あかぎれ」と呼ばれます。

亀裂部分はアレルギー物質などの刺激を受けやすくなり、皮膚がさらに炎症を起こす悪循環となります。

原因

外的刺激による皮脂減少

主婦、飲食店員、美容業、事務職員、作業員の方など、手を使う人に出来やすい傾向があります。
◇お湯、洗剤(食器や洗濯用の洗剤、石けんなど)、パソコン、紙類など

冬場の空気の乾燥
アレルギー物質

◇パーマ液、染毛剤、香料、消毒液、ゴム手袋、金属類など

症状

• カサカサする

• かゆみ

• 亀裂:血が滲んだり、痛み

• かぶれ

治療

薬物療法

• 保湿剤を使用します。

• ひびが入り割れた部分には絆創膏などで保護します。

• アレルギー物質を避けるようにします。

ホームドクターからのアドバイス

日常生活で気を付けること

• 薬やハンドクリームで手を保護しましょう。
(就寝時などはハンドクリームを塗り、木綿の手袋をはめると効果的です。)

• 保温して血液の流れをよくしましょう。

• 手洗いの回数を減らすだけでも効果があります。
水仕事時には、ビニール手袋を使用しましょう。
ただし、天然ゴムのゴム手袋にはアレルギーを起こす成分が含まれているため、塩化ビニールの手袋が安全です。

• 水仕事前に皮膚の表面をコーティーングするクリームを塗ることもよい対策です。

もっと調べる

参考リンク

日本皮膚科学会

初診に適した科

皮膚科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

長野市 篠ノ井総合病院

長野市 長野松代総合病院

長野市 長野中央病院

東信

東信 上田市 信州上田医療センター

佐久市 佐久総合病院

中信

池田町 あづみ病院

大町市 市立大町総合病院

松本市 松本病院

松本市 松本市立病院

南信

飯田市 飯田市立病院

岡谷市 岡谷市民病院

茅野市 諏訪中央病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。