手根管症候群

どんな病気

手の神経(正中神経)は、束になって手首(手のひらの付け根)の手根管というトンネルを通っています。
このトンネルの中で神経が圧迫されることにより、しびれや痛みなどが起こる病気が手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)です。

日本手外科学会ホームページ 」より引用

原因

原因はよくわかっていません。
・女性ホルモンのバランス変化に関係しているとされ、更年期や妊娠出産期の女性にも多くみられ
・ケガや手の使いすぎなども影響します。
・人工透析を受けている人は、アミロイドというたんぱく質が手根管内にたまりやすいため、これが神経を圧迫して発症しやすくなる

症状

・手のしびれ、痛み
親指、人差し指、中指のしびれや痛みがでます。特に明け方に強く症状がでます。
・手のこわばり感
・手の筋肉がやせる(萎縮)
症状が進むと、親指の付け根の筋肉(母指球筋)がやせてきます。

日本手外科学会ホームページ 」より引用

検査

診断テスト
①ティネルテスト
手首(手関節)を打腱器(診察用ハンマー)などで軽くたたくとしびれや痛みが指先に響くかどうかをテストします。しびれや痛みが出た場合は陽性です。
②ファレンテスト
手首(手関節)を直角に曲げて手の甲をあわせて保持し、1分間以内にしびれ、痛みが悪化するかどうかをテストします。症状が悪化する場合は陽性です。

筋電図検査
手根管をはさんだ正中神経の伝導速度を検査します。

レントゲン検査
骨に異常が無いか等を検査します。

超音波検査
手根管や神経、筋肉の状態を観察します。

治療

手を安静に休ませる
・スポーツや手をよく使う作業をひかえます。
・テーピングやシーネと呼ばれる添え具(装具)を使用して固定し、負担を軽減します。

薬物療法
・痛みや炎症を抑える消炎鎮痛剤、末梢神経を保護するビタミンB12の服用
・貼付剤などの外用薬を使用します。

局所麻酔薬、ステロイド薬の注射
・痛みが強い場合に行います。

 

改善しないときや母指球筋のやせたもの、腫瘤のあるものなどは手術が必要になります。
・手根管開放術などで正中神経の圧迫を取り除きます。
・内視鏡などを使い、小さな傷で短時間で終わります。

ホームドクターからのアドバイス

○指にしびれや痛みがあり、朝起床時にひどい場合は早めに受診しましょう。

○親指のつけ根の筋肉がやせていれば、手術を含めた早急な治療が必要です。
・筋力の低下が進行すると、手術を受けても回復が難しくなります。
・衰えてきた筋肉に対する手術後のリハビリが大切です。

もっと調べる

参考リンク

日本整形外科学会 病気・症状をしらべる 手関節の症状 手根管症候群
日本手外科学会

初診に適した科

整形外科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

長野市 篠ノ井総合病院

長野市 長野市民病院

東信

小諸市 小諸厚生総合病院

佐久市 佐久総合病院

中信

安曇野市 安曇野赤十字病院

池田町 あづみ病院

松本市 相澤病院

松本市 中信松本病院

松本市 松本市立病院

南信

飯田市 飯田市立病院

岡谷市 岡谷市民病院

諏訪市 諏訪赤十字病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。