性行為感染症

どんな病気

性行為によって感染する病気が性感染症です。
STDとも呼ばれます。

性感染症は無症状や症状が軽くて気が付かないことも多く、いつの間にか人へうつしてしまう可能性があります。
さらに不妊症の原因や、母子感染を起こして赤ちゃんにも感染する可能性があります。
また自覚症状があっても医療機関を受診しにくいために、正しい知識を持って、予防と早期発見、治療が大切です。

【主な性感染症】

病名

症状

潜伏期間

原因・特徴

梅毒(ばいどく)

感染~3か月:赤い痛みのない小さなしこりができる

3か月以上:足の付け根リンパ節の腫れ、全身に小豆大の赤い発疹

3年以上:放置すると心臓や脳に障害を起こし、死に至る

3週間程度

梅毒トレポネーマという細菌による慢性の全身感染症

淋菌(りんきん)感染症

男性:排尿時の強い痛みと尿道から膿が出る

女性:症状が軽くて気づかないことも多い

2~7日間

淋菌という病原菌に感染。

男性に多くみられる。

性器クラミジア感染症

多くの場合は無症状。

男性:排尿時の軽い痛み

女性:おりものの増加、卵管炎などを起こし不妊の原因となる

1~3週間

クラミジア・トラコマチスというクラミジアの一種に感染。

最も多い性感染症。

性器ヘルペス

感染部分に小さな痛みを伴う水疱。

初感染時はとくに症状が強い。

2~10日間

単純ヘルペスウイルスに感染。一度感染すると、ウイルスが体内に潜伏して再発を繰り返す。

尖圭(せんけい)コンジローマ

性器や肛門周辺などに乳頭状のイボができる

3週間~8か月

ヒトパピローマウイルスに感染。

悪性腫瘍の原因となる場合がある。

トリコモナス症

男性:自覚症状がないことが多い

女性:泡状の悪臭の強いおりもの

不定

トリコモナスという原虫が感染し、腟や子宮頸管に寄生する。

性器カンジタ症

男性:無症状のことが多い

女性:無症状が多い。

かゆみ、カッテージチーズ状の白いおりもの

1~2週間

カビの一種であるカンジダ菌が感染。

女性に多くみられる。

B型肝炎

発熱や全身倦怠、黄疸。

3か月程度

B型肝炎ウイルスに感染。

慢性肝炎、肝硬変から肝臓癌へと進展することがある

HIV感染症・エイズ

感染2~3週間後に発熱、頭痛などのかぜのような症状が数日から2週間程度続く。

その後数年間の無症候期に入る。

平均10年程度

HIVウイルスに感染。慢性的に進行する。

エイズを発症すると免疫不全を起こし、命の危険がある。

 

検査・治療

必ずパートナーの方と同時に治療を受けてください。

一人だけの治療では治っても、いわゆるピンポン感染を起こしてしまいます。

検査

治療

梅毒(ばいどく)

顕微鏡検査:患部から病原体を確認する

血液検査:血液から抗体を検査する

ペニシリン系の抗菌薬を使用する

淋菌(りんきん)感染症

血液検査、尿検査、膣分泌液検査

:培養検査、遺伝子増幅検査、抗体検査など

セフェム系抗菌薬を使用する

性器クラミジア感染症

血液検査、尿検査、膣分泌液検査

:培養検査、遺伝子増幅検査、抗体検査など

マクロライド系抗菌薬を使用する

性器ヘルペス

患部の状態観察

血液検査:血液から抗体を検査する

抗ヘルペスウイルス薬を使用する

尖圭(せんけい)コンジローマ

患部の状態観察

病理検査:組織を顕微鏡で観察する

尖圭コンジローマ治療薬を使用する

膣トリコモナス

顕微鏡検査:分泌物や尿にトリコモナス菌を確認する

抗原虫薬を使用する

性器カンジタ症

顕微鏡検査:カンジダ菌を確認する

培養検査:分泌物を培養検査する

抗真菌薬の腟錠、軟膏などの外用薬を使用する

B型肝炎

血液検査:抗体や遺伝子を検査する

抗ウイルス薬や、インターフェロン注射を行う

HIV感染症・エイズ

血液検査:抗体や遺伝子を検査する

抗HIV薬を使用する

 

ホームドクターからのアドバイス

予防について

NO SEX(セックスをしない)
STEADY SEX(セックスの相手を限定する)
SAFER SEX(より安全なセックスをする)

が大切です

性感染症は無症状の場合も多い病気ですので、気になることがあるときは検査をうけしましょう。

保健所では、一部の性感染症の検査を無料や匿名で受けることができます。

○ 長野県 HIV・エイズ以外の性感染症
https://www.pref.nagano.lg.jp/hoken-shippei/kenko/kenko/kansensho/aids/kansensho.html 

もっと調べる

参考リンク

厚生労働省 感染症情報 性感染症
国立感染症研究所 性感染症(STD
○ 公益財団法人 性の健康医学財団

初診に適した科

泌尿器科、婦人科、皮膚科、内科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

長野市 篠ノ井総合病院

長野市 長野松代総合病院

長野市 長野中央病院  (皮膚科、婦人科)

東信

上田市 信州上田医療センター

佐久市 佐久総合病院

中信

安曇野市 安曇野赤十字病院

池田町 あづみ病院  (皮膚科、泌尿器科)

大町市 市立大町総合病院

松本市 まつもと医療センター松本病院

南信

飯田市 飯田市立病院

岡谷市 岡谷市民病院

茅野市 諏訪中央病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。