急性中耳炎

どんな病気

かぜなどをきっかけに細菌やウイルスが中耳に入りこんで、炎症を起越した状態が急性中耳炎です。

とくに生後6カ月から小学校に 入るくらいまでのお子さまに多く、何度も繰り返すことがあります。

原因

細菌やウィルスが耳に入り、「中耳」という部分に炎症を起こして、膿などがたまります。

            https://www.astellas.com/jp/health/healthcare/ より引用

 

     成人と子供の耳管の違い


             https://www.astellas.com/jp/health/healthcare/ より引用

上の図のように、子供は耳管の角度が水平に近いために、鼻腔内の細菌やウイルスが中耳に入りやすく、入った後は出づらいために、中耳炎になりやすいといわれています。

分類

急性中耳炎以外の主な中耳炎

滲出性中耳炎:急性中耳炎後に、中耳に水分が溜まった状態です。

慢性中耳炎:細菌や真菌(カビ)などの炎症が長く続きます。

真珠腫性中耳炎:真珠腫と呼ばれるできものができて、手術が必要になります。

症状

かぜインフルエンザなどの感染症の後に、急に耳が痛くなった時に中耳炎を疑います。

耳の痛み、耳だれ、発熱などが主な症状です。

耳が聞こえにくくなることもあります。


赤ちゃんの場合、耳の痛みを伝えられないため、機嫌が悪い、耳にさわるといやがる、首を振るなどのしぐさは要注意です。

検査

耳鏡で鼓膜の状態を確認します。

       小児急性中耳炎診療ガイドライン2013年版 より引用

聴力検査、ティンパノメトリー(音圧で鼓膜の動きを調べる検査)、細菌培養検査なども行うことがあります。

治療

症状が軽いうちは、抗生物質の飲み薬や解熱鎮痛薬で治療します。
膿がたまって改善しない場合には、鼓膜を切開して膿を出すこともあります。

治療が不十分だと滲出性中耳炎や慢性中耳炎になってしまうこともありますので、しっかりと治療を受けましょう。

ホームドクターからのアドバイス

鼻水はこまめにとりましょう。

鼻は優しくかむことが大切です。
優しくかむと鼻から耳管に圧力がかかり、耳管が拡張して、中耳にたまった膿が鼻の方に抜け出やすくなります。
逆に鼻を強くかみすぎると鼻から耳管や中耳に細菌などを送り込むことになりかねませんので注意が必要です。

耳が痛い場合は、冷たいタオルなどを耳の後ろに当てると楽になります。

成人になってからの中耳炎は、耳管が詰まってしまう別の病気が隠れていることがあります。きちんと耳鼻科で診察を受けましょう。

もっと調べる

参考リンク

○ 日本医師会

初診に適した科

耳鼻科、小児科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

飯山市 飯山赤十字病院

長野市 篠ノ井総合病院

東信

上田市 信州上田医療センター

佐久市 佐久総合病院(本院)

中信

安曇野市 安曇野赤十字病院

安曇野市 長野県立こども病院

松本市 相澤病院

松本市 まつもと医療センター松本病院

南信

飯田市 飯田市立病院

岡谷市 岡谷市民病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。