心不全

どんな病気

心不全とは、病名ではなく、心臓の働きが不十分な結果、体に十分な血液を送り出せなくなった状態をさします。
心臓の働きのうち、どの部分の働きが低下しているのか、その低下が急に起こったのか(急性心不全)、徐々に起こってきたのか(慢性心不全)によって、複数の分類があります。

分類

発症速度による分類
 急性心不全
 慢性心不全

働きが落ちている部位による分類
 左心不全:心臓の左側の大動脈を経由して全身に血液を送り出す働きが低下
 右心不全:心臓の右側の血液を心臓に戻す働きが低下
 両心不全:心臓の左側と右側、両方の機能が低下

心臓の働きによる分類
 収縮不全:血液を送り出す心臓の収縮力が低下
 拡張不全:血液を心臓に戻す心臓の拡張力が低下

原因

原因は一つではありません。
心筋梗塞や心臓弁膜症、不整脈など、あらゆる心臓病はもちろん、例えば高血圧で長年、心臓に負担がかかっている場合などでも、しだいにその働きが落ち、心不全の原因となります。
その他に貧血や甲状腺など他の病気が原因で心不全を引き起こすこともあります。

症状

心臓のポンプ機能が低下すると、心臓だけでなく全身にいろいろな症状が現れます。
・息切れ (運動時、夜間臥床時)
・咳が出る
・むくみ、体重増加
・疲れやすい
・足が冷たい 
・肌の色が悪い 

 

検査

診察

・心臓の聴診をして雑音や不整脈がないかを確認します。
・肺の聴診を行って呼吸音を確認します。
・首の静脈が拡張しているかどうかを確認します。
・足を指で押してむくみがないかどうかを確認します。

検査

胸部レントゲン検査
心臓が大きくなっているか、肺に水がたまっているかを検査します。

心電図
不整脈や心臓の壁が厚くなっているかなどの状態を検査します。

心臓超音波
働きが落ちている部位や程度を調べたり、弁膜症を調べることができる大切な検査です。

血液検査、尿検査
心臓以外の原因がないかを調べます。

専門医療機関では、心臓核医学検査や心臓カテーテル検査という検査を行なうこともあります。

治療

急性心不全
安静を保ち、酸素吸入を行ったり、利尿剤や血管拡張剤、一時的に心臓の働きを高める薬を使ったりします。

慢性心不全
降圧剤などを内服して、心臓や血管を過度な刺激から守り保護します。

原因となる病気の治療

症状を改善する治療
生活習慣の見直し:塩分制限、水分摂取量、運動量の調節、体重コントロール、禁煙

ホームドクターからのアドバイス

心不全を起こした病気自体は進行しなくても、心不全症状が出たり、悪化したりすることがあります。悪化の引き金になるようなことは、生活の中で避けるよう注意しましょう。
・太り過ぎないよう食生活を見直し、塩分は控えましょう。
・禁煙をし、アルコールも心臓の負担になります。控えるようにしましょう。
・心不全になっても症状に合わせて適度の運動をしましょう。
・過労はもちろん、風邪をきっかけに心不全を起こすこともあります。
・長時間の入浴、熱い湯や急激な温度差も心臓の負担となります。

もっと調べる

参考リンク

長野県医師会 けんこうの小径 わたくしたちの健康読本 心臓の病気
日本メドトロニック株式会社 心不全.com 

初診に適した科

循環器内科、内科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

長野市 長野市民病院

長野市 長野赤十字病院

東信

小諸市 小諸厚生総合病院

佐久市 佐久総合病院

中信

安曇野市 安曇野赤十字病院

池田町 あづみ病院

松本市 相澤病院

松本市 まつもと医療センター松本病院

松本市 松本協立病院

南信

飯田市 飯田市立病院

伊那市 上伊那生協病院

諏訪市 諏訪中央病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。