大動脈瘤

どんな病気

大動脈瘤とは、大静脈の壁が動脈硬化などで弱くなり、コブ(瘤)のように外側にふくらんでしまう状態をいいます。
風船と同じで、大動脈瘤は膨らめば膨らむほど破裂しやすくなり、破裂すると突然に大出血を引き起こし、血圧が低下しショック状態となり、死亡率が非常に高い病気です。
また、ほとんど症状がないまま少しずつ瘤が膨らんでいき、症状が出てくるのは、破裂しかかっているとき、もしくは破裂して強い痛みが突然出現するだけです。症状が出たときには手遅れになってしまう可能性が非常に高く危険が高いといえます。

分類

胸部大動脈瘤

胸部にできる

腹部大動脈瘤

腹部にできる

胸腹部大動脈瘤

胸部・腹部両方にまたがってできる


「国立循環器病研究センター 循環器病情報サービスホームページ」より引用

原因

最も多い原因は動脈硬化です。
(参考)
 国立循環器病研究センター 循環器病情報サービス 病気について 動脈硬化

症状

・ほとんどが無症状
・体の深い部分に鈍い痛みを感じることがあります。(胸部であれば胸のあたり、腹部であれば腰の周辺)
・破裂してしまうと、激しい痛みがあらわれます。

検査

・大動脈瘤の発見は、ほかの病気の検査時に偶然発見されるがことほどんどです。(レントゲン検査、CT検査、エコー検査など)
 胸部大動脈瘤:胸部レントゲン検査
 腹部大動脈瘤:腹部エコー検査
・直径が5cm程度まで膨らむと破裂する危険性が高まります。

治療

薬物療法
コブ(瘤)が小さいうちはコブを破裂させないように、血圧を下げる薬などで経過をみます。

手術治療
コブが大きくなってくると、コブの部分を人工血管で置換する手術を行います。
最近は長野県でもカテーテル血管内から行う治療も広まっています。

ホームドクターからのアドバイス

○大動脈瘤の発見は、ほかの病気の検査時に偶然発見されることがほとんどですので、健康診断を積極的に受けて、破裂する前にその存在を発見することが大切です。

○一度発見された方は自然に小さくなることはないため、定期的に画像検査を受けてください。

○血圧が高くなると、血管に負担がかかって動脈が裂けてしまったり、破れたりする恐れがあります。そのため血圧を上げないように生活することが大切です。

○腹部にコブ(瘤)がある場合は腹部の保護も大切です。
 *ベルトや帯でお腹をきつく締める服装は避けましょう。
 *お腹に力を入れる動作は避けましょう。
   急に重い荷物を持ち上げない。
   排便時力まない。
   お腹を強く打たない。

もっと調べる

参考リンク

国立循環器病研究センター 循環器病情報サービス 胸部大動脈瘤
国立循環器病研究センター 循環器病情報サービス 腹部大動脈瘤
日本ステントグラフト実施基準管理委員会 大動脈瘤のはなし

初診に適した科

血管外科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

長野市 篠ノ井総合病院

長野市 長野赤十字病院

東信

佐久市 佐久総合病院

中信

松本市 相澤病院

松本市 松本協立病院

南信

飯田市 飯田市立病院

諏訪市 諏訪赤十字病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。