口内炎

どんな病気

口腔粘膜(舌、歯肉頬の内側の粘膜など)に出現する炎症性病変の総称をいいます。

原因

ウイルスや真菌(カビ)の感染、アレルギー(歯科金属やフルーツなどの食物)、薬剤、喫煙の影響などがあります。

誘因としては、疲労、体力の低下、ビタミン欠乏、精神的ストレス、口腔内の清掃不良、遺伝的要素などがあげられます。

一般的な口内炎はアフタ性口内炎と言います。
カンジダ(真菌の一種)やヘルペスウイルス感染による口内炎などの、原因が明らかな場合には、それぞれカンジダ性口内炎、ヘルペス性口内炎のように呼ばれます。

原因が特定できないものも多くありますが、口内炎が治りにくかったり、再発を繰り返すようなときには、口腔がんや白血病や貧血などの血液の病気や、クローン病やベーチェット病などの全身疾患にも注意が必要です。

抗がん薬や、放射線治療などの影響で起きる炎症を口腔粘膜炎と呼び、一般的な口内炎とは区別されます。

症状

小さな丸い潰瘍できて、痛みがでます。
多くは数日から2週間程度で自然に改善します。

進行すると痛みが強くなり、食事がとれない、飲み込みにくい、しゃべりにくいなどの症状が出ます。

カンジダ口内炎

一般的なステロイド外用薬などの治療で治りにくいさいに疑います。

乳幼児で、口の中にカンジダ菌が白い斑点状に付着することがあり「鵞口瘡」と呼ばれます。
ミルクの残りかすのようにも見えますが、ふいても取れないことが特徴です。

ヘルペス口内炎

口内の広い範囲の粘膜に、たくさんの水ぶくれや潰瘍ができます。

検査

問診や視診で「口内炎」という診断はすぐにできますが、原因を特定することは難しいこともあります。

カンジダ菌の存在を調べるための顕微鏡検査や培養検査を行います。

治りづらい口内炎や、全身的な病気で起こるものが疑われる際には血液検査などがおこなわれます。

治療

口のなかを清潔にすることが大切です。

通常の口内炎、口角炎ではうがい薬やステロイド軟膏、ビタミン剤の内服などが用いられます。

ヘルペス口内炎には抗ヘルペスウィルス薬、カンジダ口内炎には抗真菌薬が用いられます。

ホームドクターからのアドバイス

通常、口内炎は1~2週間ほどで治まります。
より早く炎症を鎮めるためには、刺激の強い香辛料や熱い食べ物、タバコ、アルコールなどは控えましょう。

長い間口内炎が改善しない、よく再発するときには、主治医に相談するか、歯科や耳鼻咽喉科で診察を受けましょう。

とくに、子供は口内炎ができてしまうと、食事がとれず、体力を消耗すことがあるため、早めに歯科や、小児科などに相談をしてください。

もっと調べる

初診に適した科

歯科、耳鼻咽喉科、小児科、内科

かかりつけ歯科医院さんや口腔外科にご相談下さい

 

頼りになる病院

北信

須坂市 長野県立須坂病院

中野市 北信総合病院

東信

佐久市 佐久医療センター

佐久市 浅間総合病院

中信

安曇野市 長野県立こども病院

池田町 あづみ病院

大町市 市立大町総合病院

塩尻市 松本歯科大学病院

松本市 相澤病院

南信

諏訪市 諏訪赤十字病院

茅野市 諏訪中央病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。