副鼻腔炎(蓄膿症)

どんな病気

急性副鼻腔炎は、鼻腔の周囲にある副鼻腔に急性の炎症が起こった状態です。

急性副鼻腔炎をしっかりと治さないと慢性副鼻腔炎に移行してしまいます。

慢性副鼻腔炎は一般に、蓄膿症と呼ばれています。

原因

急性副鼻腔炎はほとんどの場合、かぜによる鼻腔粘膜の炎症が原因です。
まれに虫歯やけがからの細菌感染が原因となることもあります。

慢性副鼻腔炎は、急性副鼻腔炎から移行するものが多いのですが、原因がはっきりしない場合も多く見られます。

慢性化する理由は、鼻と副鼻腔との通路が閉じてしまうことが主な原因です。

もともと骨格的に通路が細かったり、アレルギー性鼻炎があって、鼻の粘膜が浮腫んでいることなどが関係します。

気管支喘息に伴っておきる特殊な慢性副鼻腔炎もあります。

症状

急性副鼻腔炎

鼻づまりや、膿性鼻汁、悪臭が見られます。
副鼻腔に溜まった鼻汁が少しずつ喉に流れ込む(後鼻漏)ため、痰がらみや咳がでます。
炎症を起こして副鼻腔が腫れるため、おでこや頬、鼻の付け根などに痛みを感じることがあります。
下を向くと痛みが強くなることが特徴です。

慢性副鼻腔炎

急性副鼻腔炎とおなじく、慢性の咳や口臭、臭いがわからない原因になります。
鼻づまりが続くため、口呼吸になります。
痛みは感じないことがほとんどです。

鼻づまりの症状でよく似たものにアレルギー性鼻炎があります。
アレルギー性鼻炎の鼻汁はさらさらとした透明なことが多いのですが、一方、慢性副鼻腔炎は、色が濃い粘った鼻汁となります。
両方とも合併することも珍しくありません。

検査

鼻腔鏡、内視鏡:膿性鼻汁や鼻茸(鼻のポリープ)が多くみられます。

レントゲン写真、CT写真:副鼻腔の炎症や、鼻汁の貯留の具合を確認します。

治療

急性副鼻腔炎は、抗生物質や粘膜のむくみを抑える消炎薬、つまった鼻水を分解するための消炎酵素薬や去痰薬などを組み合わせて治療を行います。
慢性副鼻腔炎になってしまわないように、早期にしっかりと治療することが大切です。

慢性副鼻腔炎は、去痰薬やマクロライド系の抗菌薬を少量ずつ長期に使用すると有効なことがあります。
このような治療を数カ月行っても効果が不十分な場合には、内視鏡を使用した手術が行われます。

子どもの場合、副鼻腔は発達段階にあり、手術をすると歯の発育や顔の形に影響を与えることもあるので、原則として15歳くらいまでは手術は行いません。

ホームドクターからのアドバイス

急性副鼻腔炎はかぜをきっかけに発症することが多いため、ふだんからうがいや手洗いなどのかぜの予防が大切です。
また、骨格や体質などの要素が関係するため、繰り返してしまう方が多い病気です。

かぜを引いて、副鼻腔炎になったことがある方は、早めに医療機関を受診してしっかりと治療を受けましょう。

慢性副鼻腔炎は、鼻づまりや慢性的な咳、口臭など不快な症状が続き、悩まされている方が多い病気です。
とくに、小児では、口呼吸によって骨格の発達に影響を及ぼし、特徴的な顔つきになってしまったり、鼻づまりによって、睡眠不足や、酸素濃度が下がるため、集中力が低下して、学習面でも影響が出るといわれています。

長期間になりますが、しっかりと治療を受けましょう。

もっと調べる

参考リンク

アステラス製薬
いしゃまち

初診に適した科

耳鼻科、小児科、内科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

長野市 篠ノ井総合病院

須坂市 長野県立須坂病院

東信

上田市 信州上田医療センター

佐久市 浅間総合病院

中信

安曇野市 安曇野赤十字病院

安曇野市 長野県立こども病院

松本市 相澤病院

松本市 まつもと医療センター松本病院

南信

岡谷市 岡谷市民病院

諏訪市 諏訪赤十字病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。