前立腺肥大症

 どんな病気

男性では尿道の奥の部分(膀胱の下)は前立腺に囲まれています。通常は栗の実ほどの大きさですが年齢が高くなると前立腺が大きくなり、中を通っている尿道を圧迫して尿の出が悪くなります。これが前立腺肥大症です。50歳代くらいから見られる病気です。

「日本泌尿器科学会Webサイトより転載」

原因

前立腺が肥大する原因は年齢と深い関係にあり、中高年になって男性ホルモンのバランスが崩れるとことにより前立腺が肥大すると考えられています。

症状

主な症状は排尿障害です。
・トイレが近い(頻尿)
・尿の出方が悪い。すぐにでない。時間がかかる。(排尿遅延)
・尿が途中で途切れる(尿線途絶)
・尿の勢いが弱い(尿勢低下)
・おなかに力を入れないと尿が出ない(腹圧排尿)
・排尿後、まだ尿が残っている感じがする(残尿感)
・夜中に何度もトイレに起きる(夜間頻尿)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

検査

直腸診
前立腺肥大症が疑われる場合は肛門から指を入れて前立腺の状況をみます。

血液検査、尿検査
前立腺癌などの心配がないかどうか検査します。

腹部超音波検査
前立腺の形、大きさを見る検査です。

尿流量測定検査(ウロフロメトリー検査)
1秒当たりどのくらいの尿が排出されているか(排尿の勢い)を測定します。

治療

薬物療法
尿道括約筋の緊張を緩めたり、前立腺を小さくして尿道の圧迫を減らすお薬を服用します。

手術療法
前立腺がさらに大きくなってくると残尿が増えたり、ひどい場合には尿をしたいのに自分では出せなくなる尿閉状態となってしまうこともあります。
 このような場合は手術が必要と考えられ、尿道に内視鏡を入れて前立腺を削り取る手術(経尿道的前立腺摘除術)、お腹を切って大きくなった前立腺を取り出す手術(被膜下前立腺摘除術)などを行います。

高齢の方や持病で手術が難しい場合は、尿道カテーテルを留置する方法もあります。

ホームドクターからのアドバイス

前立腺肥大症を防ぐために、

・うまく尿が出せない場合には尿閉になっていることがあります。早めに病院を受診しましょう。

・飲酒や風邪薬などにより尿閉になることがあります。体調管理に気をつけてください。

・便秘になると排尿状態も悪くなります。食事や適度な運動などで便秘に気を付けましょう。

もっと調べる

参考リンク

○ 日本泌尿器科学会 こんな症状があったら「尿が出にくい・尿の勢いが弱い・尿をするのにお腹に力を入れる」
○ 旭化成ファーマ株式会社 健康と疾病の情報 前立腺肥大症と薬物治療

初診に適した科

泌尿器科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

長野市 篠ノ井総合病院

長野市 長野市民病院

東信

佐久市 浅間総合病院

佐久市 佐久総合病院

中信

安曇野市 安曇野赤十字病院

池田町 あづみ病院

松本市 相澤病院

松本市 まつもと医療センター松本病院

松本市 松本市立病院

南信

飯田市 飯田市立病院

岡谷市 岡谷市民病院

茅野市 諏訪中央病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。