血液検査結果の見方

検査データの見方

基準値(基準範囲)とは

基準値とは、95%の人が該当する範囲のことです。
しかし、基準値は医療機関や健診機関によって異なっており、統一されたものではありません。

また、以前は「正常値」と表記されていることがありましたが、若干のずれは個人差やその日の体調などによっても変化することがあるため、「基準値」という言葉がよく使用されるようになりました。

検査結果の見方・判断

基準値を逸脱していることが必ずしも病気や異常を示しているわけではありません。

どの程度基準値から外れているか、以前の結果と比べてどうか、他の検査結果や症状などをあわせて総合的に判断をする必要があります。
詳しい検査の結果と解釈については、医師や保健師にご相談ください。


※検査結果がそれぞれの基準値を下回っている場合は青字で「L(Low)
高い場合は赤字で「H(High)」と表示されることが一般的です。
【血液検査からわかること】

検査項目と

略称

説明

高い場合(低い場合(で考えられる病気の代表

アルブミン

蛋白質の一成分で、肝臓で合成されます。

栄養状態の指標や、肝機能の低下などを反映します。

肝機能障害、栄養不足、ネフローゼ症候群

ASTGOT

主に肝臓に含まれている酵素で、肝細胞が障害されると血液中にもれて高値となります。

他に心筋や、筋肉の障害でも高値となります。

肝機能障害、心筋梗塞

ALTGPT

ASTと同様に、肝臓の障害の程度を表します。

とくに脂肪肝で上昇します。

肝機能障害、胆道疾患

γ-GTP

肝疾患、胆道疾患で上昇します。

とくにアルコール常飲者で高値となるのが特徴です。

アルコール性肝障害、閉塞性黄疸

ALP

肝臓、胆道、骨、小腸、胎盤などに存在する酵素で、 主に胆道疾患、骨疾患の指標となります。

妊娠中や成長期には高値となります。

肝・胆道疾患、骨疾患

総コレステロール
(T-CHO)

全身の細胞を構成する主要成分で、各種のホルモンを作る材料にもなり、人間が生きていく上で欠かせない脂質の一つです。

しかし、高値が続くと、動脈硬化を起こして、心筋障害や脳卒中の原因となります。

動脈硬化、高脂血症糖尿病、甲状腺機能低下症

栄養不足、甲状腺機能亢進症

HDLコレステロール

善玉コレステロールともいわれ、血管壁や細胞内から、蓄積したコレステロールを取り除いて動脈硬化を予防してくれます。

カロリー過剰摂取、喫煙、運動不足、アルコール過剰摂取など

LDLコレステロール

悪玉コレステロールともいわれ、動脈硬化を促進します。

動脈硬化、高脂血症、脂質異常症、家族性高LDLコレステロール血症

中性脂肪 (TG)

体の中で、主にエネルギー源として使われます。

体内であまった糖質からも合成されます。

過剰になると、動脈硬化をはじめ生活習慣病の原因となります。

空腹での採血検査が必要です。

動脈硬化、家族性高脂血症、糖尿病、カロリー過剰摂取

栄養不足、甲状腺機能亢進症

クレアチニン
(CRE、
Cr

腎臓から尿中に排泄される酵素です。

腎機能が低下すると高値となります。

慢性腎不全、脱水

尿酸 ( UA )

痛風の原因物質です。

慢性腎不全、腎結石、動脈硬化の原因ともなります。

痛風、アルコール多飲

血糖

血液中のブドウ糖濃度です。

糖尿病の診断指標のひとつになります。

随時変動するため、空腹での採血検査が必要です。

糖尿病

低血糖

HbA1c

(ヘモグロビンエーワンシー)

過去1~2ヶ月間の血糖値の平均値を反映する糖尿病の指標です。

糖尿病、膵臓疾患、腎不全、アルコール多飲

溶血性貧血

白血球数(WBC

白血球は病原体の侵入から体を防御する働きをします。

感染症や炎症で増減します。

細菌感染症、白血病

ウィルス感染症、慢性肝炎

赤血球数(RBC

赤血球は体の細胞に酸素を送って、炭酸ガスを運び出す働きをします。

貧血や多血症の検査で用います。

脱水症、多血症

貧血

ヘモグロビン(HGBHb)

赤血球の中の鉄と蛋白が結合した血色素です。

血液の濃度を反映して、貧血の目安となります。

脱水症、多血症

貧血

ヘマトクリット(Hct)

血液中の赤血球が占める割合を示し、血液の濃度を反映します。

貧血の目安となります

脱水症、多血症

貧血

血小板数(Plt

血小板は、血管が破れて出血したさいに、血液を固めて、出血を止める働きをします。

血小板増多症

肝障害、白血病、紫斑病など

赤血球恒数

MCVMCHMCHC

貧血の分類に使われます。

MCV(赤血球1個の平均容積:大きさ)

MCH(赤血球1個に含まれるヘモグロビンの量:濃さ)

MCHC(赤血球1個に含まれるヘモグロビンの濃度:濃さ)

• MCV・MCHC共に低い値
→鉄欠乏性貧血など
• MCV・MCHC共に正常値
→溶血性貧血、白血病など
• MCVは高く、MCHCは正常値
→ビタミンB12や葉酸欠乏による悪性貧血、アルコール多飲にともなう貧血など

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。