皮脂欠乏性皮膚炎(乾燥肌)

どんな病気

乾燥肌(ドライスキン)は、皮膚が乾燥してカサカサになる状態です。

皮膚の表面の脂(あぶら)が減少することにより皮膚の水分が減少して起こります。

皮膚の乾燥が進むと皮脂欠乏症(乾皮症)といわれる状態になり、この状態が進行すると皮脂欠乏性皮膚炎(ひしけつぼうせいひふえん)になります。

皮脂欠乏性皮膚炎はかゆみを伴い、脚のすねや脇腹から腰部など、皮膚が乾燥しやすい場所に出やすいのが特徴です。

原因

• 皮脂分泌量の低下

• 角質の水分含有量が低下
→角質層が薄くなり、外部からの刺激を直接受けてしまう

年齢:皮膚の老化により肌の水分量が徐々に減少していく、加齢によるもの

気候
:冬場は雨も少なく、空気が乾燥する

生活
:エアコンなど部屋を暖めることによる空気の乾燥
□□□入浴時にナイロンタオルなどで体をゴシゴシ洗う、熱いお湯に浸かる

体質
:もともと乾燥しやすい肌

症状

• カサカサする
• かゆみ
• 皮がむける:フケ状の皮膚がはがれる
• ひび割れ

強いかゆみを伴うこともあり、掻く(かく)と悪化して赤みや水ぶくれなどの湿疹を起こします。

検査

皮膚の状態や症状から診断します。

治療

薬物療法

乾燥:保湿剤を使用します。お風呂上がりの5分以内の皮膚がしっとりしている時にすぐに塗ると効果が高まります。

かゆみ:湿疹を起こした部位にはステロイド外用薬を使用します。かゆみが強い場合は抗アレルギー薬などのかゆみ止めを内服する場合もあります。

ホームドクターからのアドバイス

日常生活で気を付けること

• 入浴時など、石けんをたくさん使ったり、ゴシゴシ洗うことは皮脂を洗い流してしまいます。泡だてて手で洗ったり、洗う回数を減らしましょう。

• ワセリンなどの保湿剤をこまめに塗って、乾燥を防ぎましょう。

• 冬場の空気の乾燥を防ぐために、暖房は控えめにして、部屋に洗濯物を干したり、加湿器を使いましょう。

• かゆみを誘発しやすい化学繊維の衣類は避け、肌着などは木綿製のものを着用しましょう。

もっと調べる

参考リンク

〇 日本皮膚科学会
長野県医師会 冬の乾燥肌と痒み
マルホ 乾燥肌・皮脂欠乏性皮膚炎

初診に適した科

皮膚科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

長野市 篠ノ井総合病院

長野市 長野松代総合病院

長野市 長野中央病院

東信

上田市 信州上田医療センター

佐久市 佐久総合病院

中信

池田町 あづみ病院

大町市 市立大町総合病院

松本市 松本病院

松本市 松本市立病院

南信

飯田市 飯田市立病院

岡谷市 岡谷市民病院

茅野市 諏訪中央病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。