乳児湿疹・
おむつかぶれ

どんな病気

乳児湿疹

赤ちゃんの顔や体にできる湿疹はすべて乳児湿疹と呼びます。

生後2~3か月頃にかけてホルモンの影響でほっぺやおでこを中心に湿疹ができることが多く、脂漏性皮膚炎と呼ばれます。

4か月目以降に乾燥によって起きる湿疹を乾燥性皮膚炎と呼びます。

生後1歳になるころには皮膚が強くなり自然とよくなります。

1歳以降になっても改善が悪い場合には、アトピー性皮膚炎の影響も考えられます。

 

おむつかぶれ

おむつ皮膚炎とも呼びます。

おむつの当たる場所が赤くなり、次第に赤いぶつぶつができたり皮膚がむけたりします。

赤くただれて、皮膚がはがれたりすると、おむつを替えることを嫌がるようになります。

原因

乳児湿疹

ホルモンの影響で皮脂分泌の多い生後3カ月ごろまで、ほっぺやおでこのあたりに多く見られます。

おむつかぶれ

紙おむつでも布おむつでも、ザラザラ、ギザギザした繊維は皮膚を傷つけ、皮膚炎を起こします。

おむつの縁がしめつけたり、刺激をすることも影響します。

布おむつでは洗剤が残っている場合も湿疹を起こすことがあります。

おしっこや便による刺激。

カンジダという真菌(カビ)の感染。

症状

乳児湿疹

かゆみや痛みなどはないので、肌を清潔に洗っていればほとんどは自然に治ります。

おむつかぶれ

おむつの刺激:しわの中の部分は白く線状の健康な皮膚がみられます。

おしっこや便による刺激:前側に比べておしり側のほうに広くかぶれがみられます。

真菌(カンジダ)の寄生:赤くなり、膿をもった小さな水疱や薄く皮膚がはがれたりします。
股のしわの中まで赤くなります。

検査

乳児湿疹

視診で肌の具合やできている場所を観察します。

おむつかぶれ

カンジダによるおむつ皮膚炎の可能性がある場合、皮膚の一部を取って、顕微鏡で観察します。

治療

乳児湿疹

一日一度はお風呂に入れて、汚れを優しく洗い流します。
汗をかく時期には二回ほど入れてもよいでしょう。

脂漏性皮膚炎タイプの、乳児湿疹であれば、洗ったあとに、ローションやクリームで保湿する必要はありません。

アトピー性皮膚炎や乾燥性皮膚炎の際には、保湿で予防をすることは大切です。

また、保湿剤による予防と、ステロイド外用薬などによる治療を分けて考えることが大切です。

おむつかぶれ

外用剤を使うときのポイント
非ステロイド外用薬や保湿剤は、全体的に薄くのばして塗ります。

ステロイド外用薬は炎症の強いところだけに塗り、余計な部分にはつけないようにしましょう。

ホームドクターからのアドバイス

皮膚の清潔を保ち、風通しを良くし、乾燥を心がけて下さい。

ステロイド外用薬を処方された場合

ステロイド外用薬を処方された場合には、塗る回数や量を医師に確認しましょう。
一口にステロイド薬といっても、効果の強さが5段階に分かれています。
乳幼児は皮膚が薄く、吸収がよいので弱いものから使用することが一般的です。
顔や陰部はとくに皮膚が薄いため、注意が必要です。

一方、弱い薬を長期間にわたり使用するよりも、強めの薬を短期間しっかりと使って、はやめに治すという方法もあります。

もっと調べる

参考リンク

日本医師会
こそだてハック
ヘルスケア大学

初診に適した科

皮膚科、小児科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

長野市 篠ノ井総合病院

須坂市 長野県立須坂病院

東信

上田市 信州上田医療センター

小諸市 小諸厚生総合病院

中信

安曇野市 安曇野赤十字病院

安曇野市 長野県立こども病院

池田町 あづみ病院

松本市 松本協立病院

南信

飯田市 健和会病院

松川町 下伊那赤十字病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。