下肢静脈瘤

どんな病気

下肢とは足のことで、下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)は足の静脈血管がコブ(瘤)のようにふくらんだ状態です。長期間放置した場合には、足のだるさや、むくみなどの症状が慢性的におこり、日常生活に支障をきたすこともあります。
女性に多く、加齢に伴い増加します。立ち仕事の人や、妊娠をきっかけに症状が出ることもあります。静脈瘤のできやすい家系、体質の方もいます。

原因

静脈は血液が足から心臓に戻る血管です。静脈弁は血液が足の先端の方に逆流してしまうのを防いでいます。この弁が正しく閉じなくなり、血液が逆流、うっ滞して血管が膨らむことにより起こります。

症状

・ふくらはぎやすね、太ももの裏などに、血管がボコボコと太く腫れる
・血管が浮き出て見える(青筋だって見える、赤紫色のくもの巣のように見える)
・足がだるい、重い
・むくむ
・かゆみ
・足がつる
・重篤になると、痛み、出血、うっ滞性皮膚炎、潰瘍など

検査

超音波ドブラ検査
 超音波を使用して、静脈の血液逆流の有無と程度を検査します。

静脈造影検査

 足の静脈内に造影剤を注射して、レントゲン撮影を行い血管の撮影をします。
 患者さんにも一目で血管の状態が分かる検査方法です。

治療

保存療法
 医療用の弾性ストッキング(弾性包帯)で、下肢に適度な圧力を与えることで下肢に余分な血液がたまることを予防します。予防や軽症の静脈瘤の治療には20~30mmHg程度の着圧のものを選びます。

硬化療法
 静脈瘤に薬を注射して固めてしまう方法です。

手術
 血管をしばる「結紮術(けっさつじゅつ)」、血管を抜去する「ストリッピング手術」や血管内から静脈瘤をレーザーなどで焼きつぶす「焼灼術(しょうしゃくじゅつ)」などがあります。

ホームドクターからのアドバイス

・静脈瘤の進行を防ぐ基本的な処置は「弾性ストッキング」をはくことです。
・体を動かすことで血流がよくなり、足の筋力を高めて下肢静脈瘤を予防します。
・長時間の立ち仕事や座り作業には、軽い運動や足を上げるなどこまめに休息をしましょう。

もっと調べる

参考リンク

メドトロニック 下肢静脈瘤について
○ ゼリア新薬工業株式会社 足健康 下肢静脈瘤情報サイト

初診に適した科

血管外科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

長野市 篠ノ井総合病院

長野市 長野赤十字病院

東信

佐久市 佐久総合病院

中信

松本市 相澤病院

松本市 松本協立病院

松本市 藤森病院

南信

飯田市 飯田市立病院

諏訪市 諏訪赤十字病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。