パーキンソン病

どんな病気

脳の異常のために体の動きに障害があらわれる病気です。神経伝達物質の一つであるドーパミンが減少することで起こると考えられています。
50~60歳代で発症することが多く、ゆっくりと進行します。

原因

大脳の下にある中脳の黒質といわれる部分のドーパミン神経細胞が減少して発症します。ドーパミン神経が減ると体が動きにくくなり、手足のふるえが起こります。

症状

・手足がふるえる(振戦:しんせん)
・筋肉がこわばる(筋固縮:きんこしゅく)
・動きが遅くなる(寡動:かどう)
・転びやすくなる、体のバランスがとれない(姿勢反射障害)

パーキンソン病によくみられるこれらの症状をまとめて「パーキンソニズム」といいます。

そのほかに、便秘や排尿障害、起立性低血圧などの自律神経症状もみられます。


「日本臨床内科医会ホームページ 
http://www.japha.jp/doc/byoki/032.pdf 」引用

検査

診察
手足の動きの固さや歩行の様子などを診察します。

症状を起こすような薬剤を使用していないかを確認します。

画像検査
脳のCTやMRIで他の脳の病気(脳梗塞や脳の萎縮など)がないかを検査します。
パーキンソン病では通常は異常はみられません。

血液検査、尿検査
他の病気がないかを検査します。

薬剤反応検査
パーキンソン病の薬を服用することで、症状が良くなる傾向があるか検査します。

心筋シンチグラフィー検査
パーキンソン病ではなく、 パーキンソン症候群(パーキンソン病に似た症状が現れる病気)をおこすレビー小体病などを区別ができることがあります。

治療

薬剤療法
原因である不足したドーパミンを補うことで症状を緩和します。
治療薬や服用量は病状に合わせて変更します。
パーキンソン病の薬は副作用が出やすい薬が多いのですが、急な中断で悪性症候群(意識障害、発熱、筋肉の破壊)を起こすことがありますので、けっして自分で判断せずに主治医に相談しましょう。

運動療法
体を動かすことは、症状の軽減になります。激しい運動ではなく、散歩やストレッチなど、毎日続けて体力を維持することが大切です。

手術療法
薬の効果が持続しない、薬の副作用が強い方などが検討する治療法です。
脳内に電極を入れて視床下核を刺激する方法が最も行われます。

意欲を持って行動する時は脳内でドーパミン神経が働いていると考えられています。気持ちを明るく保つことも大事な治療となります。

ホームドクターからのアドバイス

パーキンソン病は国の難病指定で、医療費の助成対象となる疾病です。
厚生労働省 難病指定
長野県 難病等に関する医療費の給付について

最寄りの保健所(保健福祉事務所)、または、県庁健康福祉部保健・疾病対策課までご相談ください。
・月曜日~金曜日(祝日、年末年始を除く)の午前8時30分から午後5時15分まで
・お問い合わせ先 県内保健所一覧

長野県 難病相談支援センター
長野県 長野県内の患者会のご案内

もっと調べる

参考リンク

難病情報センター パーキンソン病
日本神経学会 神経内科の主な病気 パーキンソン病
日本臨床内科医会 わかりやすい病気のはなしシリーズ パーキンソン病

初診に適した科

神経内科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

中野市 北信総合病院

長野市 長野市民病院

東信

佐久市 佐久総合病院

中信

池田町 あづみ病院

松本市 信州大学医学部附属病院

松本市 中信松本病院

南信

伊那市 伊那中央病院

岡谷市 岡谷市民病院

茅野市 諏訪中央病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。