テニス肘

どんな病気

テニス愛好家に生じやすいのでテニス肘と呼ばれています。
テニス肘は、正式には上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)と呼びます。

上腕骨外側上顆は肘の外側、筋肉(前腕伸筋群)と骨の付着部です。ここに繰り返し負担がかかることで炎症が起こります。

日本手外科学会ホームページ 」より引用

原因

肘の腱の老化、靱帯の損傷や狭窄など原因はさまざまで、主に短橈側手根伸筋の起始部が肘外側で障害されて生じると考えられています。

症状

・手首を反らす方向に動かすと肘の外側が痛む
・腕を捻ったり伸ばしたりすると痛みが強くなる
・肘のひきつれ感や伸ばしにくさ

検査

診断テスト
いずれの検査でも肘外側から前腕にかけての痛みが誘発されたら、テニス肘と診断します。
①Thomsen(トムセン)テスト
患者さんは肘を伸ばしたまま手首(手関節)を伸ばしてもらう。(手首を上に反らす)
検査者は手首を下へ曲げるように抵抗を加える。
②Chair(チェア)テスト
患者さんに肘を伸ばしたまま手で椅子を持ち上げてもらう。
③中指伸展テスト
患者さんは中指を伸ばしてもらう。(中指を上にそらす)
検査者は中指を下へ曲げるように抵抗を加える。

日本手外科学会ホームページ 」より引用

 


レントゲン検査、エコー検査

骨に異常が無いか、腱の石灰化が生じていないかなどを検査します。

治療

安静にする
・スポーツや手をよく使う作業をひかえます。
・テーピングやテニス肘用のバンドを装着して固定し、負担を軽減します。

ストレッチ

手首や指のストレッチをこまめに行います。

薬物療法

痛みや炎症を抑える内服薬や外用薬を使用します。

局所麻酔薬、ステロイドの注射

痛みが強い場合に行います。

ホームドクターからのアドバイス

○ストレッチをこまめに行い、肘への負担を減らしましょう。

もっと調べる

参考リンク

日本整形外科学会 病気・症状をしらべる 肘関節の症状 テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

初診に適した科

整形外科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

長野市 篠ノ井総合病院

長野市 長野市民病院

東信

小諸市 小諸厚生総合病院

佐久市 佐久総合病院

中信

安曇野市 安曇野赤十字病院

池田町 あづみ病院

松本市 相澤病院

松本市 中信松本病院

松本市 松本市立病院

南信

飯田市 飯田市立病院

岡谷市 岡谷市民病院

諏訪市 諏訪赤十字病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。