アレルギー性結膜炎

どんな病気

アレルギー性結膜炎とは、アレルギーによって結膜に炎症が起こる病気です。

アレルギー性鼻炎喘息アトピー性皮膚炎などにかかったことがある人、家族にアレルギー体質の人がいる場合などに多くみられます。

花粉症のようにその季節だけ症状が出ることもあります。

原因

花粉、ダニ、ハウスダスト、動物の毛、コンタクトレンズなどが原因となり、結膜にアレルギーをひきおこします。

花粉症の場合、主にスギ花粉は2〜4月に、ヒノキ花粉は5月に、カモガヤは5〜6月に、ブタクサは8〜10月に起こります。

症状

白目をおおう眼球結膜の充血や目やに、目のはれや異物感がみられます。

かゆみが強く涙っぽくなり、結膜が少し腫れたようになることもあります。

こすったりする刺激で黒眼(角膜)に細かな傷ができ、視力低下を起こすこともあります。

検査

かゆみや充血、結膜の腫れ、目やになどの症状から診断します。

アトピー体質や、季節性があることなども参考になります。

パッチテスト

アレルギーの原因(抗原)を調べるために皮膚にうすめた抗原を塗って反応をみる

血液検査

涙や擦過物の中に好酸球と呼ばれるアレルギーに関係する白血球を調べる

治療

原因物質を調べて、可能な限り取り除きます。

抗アレルギー点眼薬や抗アレルギー薬の飲み薬、ステロイド点眼薬などを使用します。

花粉症ではアレルゲンである花粉の飛散時期の2週間以上前から、抗アレルギー薬の点眼を行っておくと症状が軽くすむといわれています。

アレルギー性結膜炎の症状が強い場合には、ステロイド薬の点眼薬の治療を行います。
副作用が出る場合があるので、症状が軽減したら非ステロイド性の抗アレルギー薬や消炎薬に切り替えます。
また、人工涙液を頻回に点眼し、アレルゲンを洗い流すことも有効です。

コンタクトレンズ関連のアレルギーの場合は、いったんコンタクトレンズの装用を中止して治療を行い、治ってから装用を再開します。
レンズの種類としては、ハードコンタクトレンズか使い捨てのソフトレンズがよいでしょう。

ホームドクターからのアドバイス

こすった刺激により、角膜を傷つけ、視力が低下することもあります。

手を清潔にし、目に直接触れないように気をつけましょう。

早めに眼科などの専門医の診察を受けましょう。

もっと調べる

参考リンク

 〇 日本眼科医会

初診に適した科

眼科、アレルギー科、小児科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

中野市 北信総合病院

長野市 篠ノ井総合病院

東信

須坂市 長野県立須坂病院

佐久市 佐久総合病院(本院)

中信

安曇野市 長野県立こども病院

池田町 あづみ病院

松本市 相澤病院

松本市 まつもと医療センター松本病院

南信

飯田市 飯田市立病院

諏訪市 諏訪赤十字病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。