やけど

どんな病気

やけどは正式には熱傷(ねっしょう)とよびます。

熱による皮膚や粘膜に高い温度が接触するとやけどとなります。

接触したものの温度と接触している時間で重症度は異なり、やけどの深さで重症度が分類されます。

やけどを起こすと直後から赤みや腫れが見られます。
その後に水ぶくれ(水疱:すいほう)ができます。

また40~55度くらいのそれほど高い温度ではないものでもやけどになることがあります。
これは低温やけどとよび、受傷直後は症状が軽く見えても、実際には損傷が深いことが多いのが特徴です。

原因

温熱やけど:火や熱湯など、熱いものに触れる
低温やけど:カイロ、湯たんぽ、電気アンカ、ホットカーペット、電気毛布など

分類

1度(表皮熱傷)

皮膚の赤みと軽い腫れで、水ぶくれ(水疱)はできません。ヒリヒリと痛みます。

2度(真皮熱傷)

水ぶくれ(水疱)ができ、強い痛みをともないます。

3度(皮下熱傷)

皮下組織まで及びます。外科的治療が必要になってきます。

症状

• 赤み
• 腫れ
• 痛み
• 水ぶくれ(水疱)

検査

やけどの原因、皮膚の状態や症状から治療を行います。

治療

• 受傷後はなるべく早く、流水などでしっかりと15~20分程度冷やします。その後医療機関を受診しましょう。
はんいが広い時には、からだが冷えすぎないように注意してください。

• やけどの原因や深さと広さ(重症度)により、治療や経過が違います。

1度

赤くなるだけのやけどは数日で治ります。
最初の日には炎症を抑えるステロイド軟膏を使用します。

2度

受傷部位の湿潤環境を保ちつつ感染を予防するために、軟膏やによる治療が行われます。
基本的に毎日医療機関で処置を受けることが必要となります。

水疱は自然に破れない限りは保護します。
破れた際には赤くなったり感染しない限りは、傷の保護になるので、無理に取り除かずに軟膏を塗って、皮膚にくっつかないガーゼなどで保護します。

3度

自然に治ることは難しく、多くは皮膚移植(植皮術:しょくひじゅつ)の手術が必要となります。

ホームドクターからのアドバイス

やけどをしたら、すぐに冷やす!

冷やすことで皮膚深部への熱の伝達を防ぎ、痛みも和らぎます。

• 流水をかけて冷やします。
(無理に服を脱がせると、皮膚も一緒にはがれてしまう
おそれがある際には、服の上から水をかけます。 )

• 冷やす時間は15~20分くらい

• 水ぶくれがある場合はできるだけ破らないように気をつけてください。

• やけどの状態によって治療は違います。自分の判断で薬を塗らず、すぐに医療機関を受診しましょう。

 

○ 日本医師会 白くま先生のこども診療所 やけどへの対応方法
https://www.med.or.jp/clinic/kega_yakedo.html

○ 日本小児科学会 こどもの救急 やけど
http://kodomo-qq.jp/index.php?pname=yakedo

もっと調べる

参考リンク

みんなの健康百科 応急処置 やけど
日本皮膚科学会

初診に適した科

皮膚科、形成外科、小児科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

長野市 篠ノ井総合病院

長野市 長野松代総合病院

東信

上田市 信州上田医療センター

佐久市 佐久総合病院

中信

池田町 あづみ病院

大町市 市立大町総合病院

松本市 まつもと医療センター松本病院

松本市 松本市立病院

南信

飯田市 飯田市立病院

岡谷市 岡谷市民病院

茅野市 諏訪中央病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。