めまい症

どんな病気

耳から生じるめまい(末梢性めまい)と、脳から生じるめまい(中枢性めまい)に大きく分けられます。

耳の内耳とよばれる場所にある三半規管や前庭神経が障害されるために起こるめまいが多く見られます。

耳が原因のめまいでは同時期に、難聴、耳鳴り、耳のつまり感などを感じることがあります。

原因

中枢性
大脳、小脳、脳幹部などの障害

末梢性
中耳や内耳の障害

その他
起立性低血圧、椎骨脳底動脈循環不全、頚性めまい、末梢神経性、廃用性平衡機能障害、薬剤性など

症状

回転性めまい
自分自身または、周りがくるくる回る
末梢性のめまいで多いといわれています。

浮動性めまい、動揺性めまい
ふわふわ、ゆらゆら、ぐらぐら

中枢性のときにもみられることがあります。

起立性めまい
起き上がったときにくらっとする。

一時的な血圧の低下によることが多い。

めまいと一緒に起きることがある症状

頭痛やまひ
脳が原因のめまいの可能性があります。

とくに、ある瞬間の突然の発症は脳の病気が疑われます。すぐに病院を受診しましょう。

耳鳴り、聞こえづらさ、耳のつまり感
内耳性のめまいにともなうことがあります。


嘔気:めまいに伴っておきますが、脳や胃腸など他の病気でも起こります。

めまいの原因を探すための「キーワード」

動かないとめまいはおさまっているが、動くと数十秒間回転性のめまいが起きる 
⇒ 良性発作性頭位めまい症

めまいが起きてから、耳がつまる感じ、耳鳴り、耳の聞こえが悪くなった
⇒ メニエール病、突発性難聴など

安静でもめまいがして、数時間以上続く。
⇒ メニエール病、前庭神経炎、脳が原因のめまいなど

立ち上がった時にくらっとする
⇒ 起立性低血圧症

風邪をひいたあと、数日してからめまいが始まった
⇒ 前庭神経炎

突然嘔吐や頭痛がして、その後めまいが続いている 
⇒ 小脳出血や脳梗塞など脳の病気

頭痛や手足のしびれや麻痺がある
⇒ 脳の病気

くびを急に回したり、上を向くとめまいがする
⇒ 椎骨脳底動脈循環不全、頚性めまい

 病気の説明

良性発作性頭位めまい症(BPPV)
めまいの原因として頻度の一番多い病気です。
安静にしていると大丈夫だけれど、体を動かすと、数十秒間ぐるぐると回転性のめまいが起きます。
平衡バランスを感じる内耳にある耳石の位置が変わったことが原因です。
めまいがひどい時には安静に過ごしてよいのですが、少し落ち着いてきたら、逆に体を積極的に動かした方がめまいがおこりにくくなります。

メニエール病
難聴、耳鳴り、耳閉感などの耳の症状を伴うことが特徴です。
安静にしていても、回転性めまいが数分から数時間つづきます。
おさまってから、しばらくして発作を繰り返すことがあります。
発作を繰り返すたびに聴力の低下が進みますので、きちんとした診断と治療を受けることが大切です。
めまいと言えばメニエール病を思い出す方も多いようですが、頻度は多くありません。

前庭神経炎
かぜの症状から数日して、とつぜん回転性のめまいが起こります。
耳の症状はともないません。
2~3週間ほどで自然に軽快します。

脳から生じる中枢性めまい
脳が原因でおこるめまいは、めまいはふわふわ、ゆらゆらとする動揺性めまいが多いといわれています。
耳鳴りや難聴、耳のつまり感はともないません。
物が二重に見える、顔や手足がしびれる、力が入らない、しゃべりづらいなどの症状が見られることがあります。
後遺症を少なくするために、すぐに医療機関を受診しましょう。

椎骨脳底動脈循環不全
脳幹や小脳へ血流を送る血管が椎骨動脈や、脳底動脈です。
椎骨動脈は頸椎の中を通っています。加齢によって、動脈が蛇行したり、脊椎間が狭くなります。
後ろをふりむいたり、天井を見上げたりする動作によって、血管が圧迫されて血流が低下するため
、めまいを起こします。
動脈硬化を起こす高血圧糖尿病、禁煙などの生活習慣病治療をしっかりと行うことが大切です。

起立性低血圧によるめまい
立ち上がったときに血圧が低下するために、大脳への血液循環が落ちて、ふらっとするめまいがおきます。
ひどい時には目の前が暗くなったり、失神を起こすこともあります。
起立性低血圧の原因には、加齢、糖尿病やパーキンソン病などによる自律神経障害、貧血、脱水、薬剤などがあります。

検査

眼振検査

目が揺れている(眼振)かを観察します。

平衡機能検査

からだのバランスがとれているかを調べます。

足踏み検査

目を閉じて、30秒間足踏みをします。

聴力検査

難聴があるかを調べます。

必要に応じて、CT検査、MRI検査、頚部動脈超音波検査、温度眼振検査などを行います。

治療

医療機関では、めまいの原因疾患に応じてお薬や治療法が選択されます。

エプリー法

良性発作性頭位めまい症(BPPV)にはエプリー(Epley)法という、ずれた耳石の位置を元の位置に戻すための運動療法があります。

めまいで気持ち悪い最中にはつらいために行うことが難しいことが欠点です。
効果は5~6割程度と言われています。

最初にめまいを起こしている内耳(患側)を調べます
(1) ベッドに座った状態(坐位)から左右どちらかに45度首をひねります。
(2) その首の位置を保ったまま仰向けに寝ます。
  その時、頭がベッドの端より30度ほど下がるようにします(懸垂頭位)。
  ※ 首に負担がかかり危険ですので、必ず介助者が支えながら行ってください。
  めまいや眼振が起きた方が患側です。(下図では左側)

        日本めまい平衡医学会 良性発作性頭位めまい症診療ガイドライン より引用

そのまま続いてエプリー法を行います。(上図の番号に相当)
(1)坐位から左(患側)45度に首をひねって、(2)の懸垂頭位になります。
(2)左(患側)45度懸垂頭位→眼振が消失するまで頭位を保ちます。
(3)右(健側)45度懸垂頭位までゆっくりと首をひねります。
   眼振が発現している場合は消失するまで、でない場合は2分程待ちます。
(4)懸垂頭位を維持したまま、体全体を右(健側)に90度回転します。
   頭部の位置は右下135度の位置になります。
   維持時間は(2)(3)と同じです。
(5)坐位に戻し、速やかに(6)へ。
(6)坐位で頭部を45度前屈して、2分程度待ちます。
(6)の後(1)→(2)を反復,眼振が消失していれば成功です。

https://www.youtube.com/watch?v=9SLm76jQg3g

ホームドクターからのアドバイス

日常生活でできる予防法

睡眠と休息を十分にとって生活のリズムを整えましょう。
適度の運動や趣味などによる気分転換などストレスを溜めないように工夫をしましょう。
アルコールや、タバコを控えたり、カフェインや香辛料を控えましょう。
体をゆっくり動かすようにしましょう。

医療機関で話を聞かれる時のポイント

1.めまいの持続時間
2.めまいが起こった時の姿勢、頭の位置などの状況
3.耳鳴りや難聴、耳がつまる感じ、手足のしびれ、頭痛などのめまいに伴う症状
4.めまいが起こった時に意識を失ったかどうか

めまいとリハビリ

最近はめまいは積極的なリハビリや運動療法を行うことで、予防や改善ができるといわています。

参考:理学療法学 めまいのリハビリテーション

関連する本やDVDもたくさん発行されています。
めまいをくりかえす方は、取り入れてみることをお勧めします。

もっと調べる

参考リンク

日本神経学会
脳科学辞典
日本生活習慣病予防協会
めまい大辞典

初診に適した科

耳鼻咽喉科、神経内科

頼りになる病院

かかりつけ医を持ちましょう。
まずはお近くのかかりつけ医の先生にご相談ください。
北信

長野市 長野松代総合病院

須坂市 長野県立須坂病院

東信

上田市 信州上田医療センター

佐久市 浅間総合病院

中信

安曇野市 安曇野赤十字病院

安曇野市 長野県立こども病院

松本市 相澤病院

松本市 まつもと医療センター松本病院

南信

飯田市 飯田市立病院

岡谷市 岡谷市民病院

小諸市 小諸厚生総合病院

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。