むし歯

どんな病気

医学用語では齲歯(うし)又は齲蝕(うしょく)と呼びます。

むし歯は、口の中にいる細菌が、食べ物や飲み物に含まれる糖分を餌にして作りだした酸によって、歯が溶けた状態のことを言います。

原因

歯の表面についたプラーク(歯垢)に潜むミュータンス菌などが原因です。

唾液の働きによって歯が修復されますが、糖分の摂取が多く、酸の働きが強くなると、歯のカルシウムが溶けて、歯に穴が開いてしまいます。

症状

痛みやしみることがあります。
しかし、自覚症状がないことも多く、気づかないうちにむし歯が進行していることがあります。

初期の虫歯は表面の色が褐色から黒く変わります。
齲蝕(うしょく:歯が溶けること)が表面のエナメル質から内側の象牙質へ進むと、穴があき、歯の表面がザラザラと感じます。

進行すると、歯髄へ到達し、痛みを感じるようになります。

放置しておくと歯髄炎を起こし、強い痛みを起こします。

検査

歯を診察します。

器具やX線を使って見えない部分にむし歯ができていないかを調べます。

治療

初期のむし歯の治療は、ドリルで歯に穴を開けて内部の虫歯の部分を削り取り、そのスペースに充填材を詰めます。

ホームドクターからのアドバイス

むし歯菌はほとんどの人の口の中にいる細菌が原因ですが、口の中で増やさないように歯磨きをすること、酸をつくりにくいような生活習慣にすることで、十分に予防のできる病気です。

自覚がないことも多いため、かかりつけ歯科医院をつくって定期的に歯科検診を受けましょう。

日々のていねいなブラッシングが重要です。

1 歯に毛先をきちんとあてて磨く
2 小刻みに動かして磨く
3 軽い力で磨く
4 奥歯や、歯と歯の間、歯と歯ぐきの間を重点的に磨く
5 歯と歯の間はデンタルフロスや歯間ブラシを使う

 

小児とむし歯

1歳半を過ぎて哺乳瓶を使用している場合には注意しましょう。
3歳までは、甘いお菓子、ジュースなどをできるだけ控えましょう。
フッ化物の塗布とキシリトールがむし歯の予防に普及しています。かかりつけの歯科医の先生に相談をしましょう。

もっと調べる

参考リンク

テーマパーク8020

初診に適した科

歯科

お近くの開業医さんへご相談ください

免責事項要約

当サイトは健康情報の提供を目的としており、当サイト自体が医療行為を行うものではありません。当サイトに掲載する情報については厳重な注意を払っていますが、内容の正確性、有用性、安全性、その他いかなる保証を行うものではありません。当サイトはお客様がこのサイト上の情報をご利用になったこと、あるいはご利用になられなかったことにより生じるいかなる損害についても一切の責任は負いかねます。当サイトからリンクしている他のウェブサイトに含まれている情報、サービス等についても、一切の責任を負うものではありません。