まんまる広場開催報告
19/2/2

第4回 「健康づくりのエッセンス」健康年齢ピック&健康標語づくり

2/2(土)、今年度最後となる「健康まんまる◎広場」をあがたの森文化会館でおこないました。
チラシデータはこちら

 

昨年10月に初めて実施し好評を得た『健康年齢ピック』と

健康標語づくりのワークショップを同時開催するという初の試みでした。

標語づくりは初めてという方も多かったのですが、

一般参加者25名、医療者や医学生ら総勢60名がテーブルを囲み、和気あいあいと話しながら、標語づくりに取り組みました。


その傍らで、番号を呼ばれた数人ずつが『健康年齢ピック』コーナーで血管年齢、肺年齢、骨年齢など5種の体内健康年齢の測定をおこない、自分の年齢とを比較して、終わるとまたテーブルに戻っていきます。

最後には6つのグループがそれぞれ代表作2作ずつ発表し、言葉のプロである先生方(俳句の先生とコピーライターの先生)に講評をいただきました。言葉の入れ替えやちょっと表現を変えるだけで、メッセージがより強くなるのですね。皆さん、頷くことしきりでした。

一例を紹介させていただきます。

『ワークより 日々でウォークで 貯筋する』

『母言った 達者一番 金持ち二番』

『持ちたいな 〆のラーメン 断つ勇気』

『お菓子はね 甘いあくまだ おかしいな』

健康年齢ピック』の測定ため、ワークショップ途中で抜けてしまうことを残念がる声もありましたが、

今年度を締めくくり、来年度の新プロジェクト『健康かるた』につながるイベントとなったのではなりました。

 

信濃毎日新聞中信版のMGプレスでも大きく記事にしていただきました。
信州メディビトネットのフェイスブックでも紹介しています。

https://www.facebook.com/medibito/?ref=bookmarks

 

来年度は、数回のワークショップを開催して、『健康かるた』を作っていきます。

みなさんもぜひ一緒に「健康かるたづくり」に参加しませんか!

 

↓「健康かるた」づくりについての情報、参加応募は、こちらから↓

https://medibito.net/kenmin/kenko-karuta

2月2日
共催:信州大学地域医療推進学教室、松本ヘルス・ラボ
後援:長野県、松本市、塩尻市、安曇野市、信濃毎日新聞社
長野県医師会、松本市医師会、長野県教育委員会
骨粗鬆症財団、日本呼吸器学会

 

〇LINE@でも健康情報をお届けしています

https://line.me/R/ti/p/%40udn0900z

【2018年度】

  • 第1回 18/9/1 「フレイル、ロコモってなんだろう?」「オーラルフレイル」 開催情報 開催報告
  • 第2回 18/9/22 「健診から健康づくりをはじめよう!」「生活習慣病 治療の必要性を考える」 開催情報 開催報告
  • 第3回 18/10/6 市民活動フェスタぼくらの学校「楽々エクササイズ〜音楽で楽しいエクササイズ」「食と栄養のセルフケア術〜身近な食材で健康up」「睡眠力チェック〜毎日ぐっすり眠れていますか?」 開催情報 開催報告
  • 第4回 19/2/2 第4回 「健康づくりのエッセンス」健康年齢ピック&健康標語づくり 開催情報 開催報告

【2017年度】

【2016年度】