医良人コラム
20/4/10

第26回 健康年齢ピックに参加を

開催まで1年を切った東京オリンピック。
世に○○オリンピックと冠するイベントは数ありますが、
「健康年齢ピック」をご存知でしょうか?

読んで字のごとく、健康年齢を測定するオリンピックです。
普段、健康を意識することが少ない方に、自分の体や健康に目を向けてもらう「きっかけ」を提供しようと、
信州メディビトネットの講座から生まれました。

健康行事も堅いばかりではなく、NHKのテレビ番組「チコちゃんに叱られる」や「うんこ漢字ドリル」などのように
楽しみながら学べることが必要だと気付いたからです。

ロゴマークも作ってみました。

「競技」は、骨年齢、血管年齢、肺年齢、筋力年齢、体内年齢の5種目。
各検査機器で測定されたそれぞれの年齢をプラスマイナスし、その合計がより若い方が「健康上位」です。

例えば実年齢が50歳の方の骨年齢が35歳だとマイナス15歳、肺年齢が60歳だとプラス10歳。
この2つで計算すると、実年齢より5歳若い45歳となります。
ただし、測定基準の異なる各健康年齢結果を足すことに医学的根拠はありません。

これは参加しやすさを第一に競技性を高めた体験型のイベントです。


次回は29日午前10時~午後3時にイオンモール松本で開く松本市健康フェスティバルの中で行います。
これまで参加した方からは、自分の体のどこが弱いかが分かったと大変好評です。
過去の自身の記録とも比較できます。

参加することに意義がある!あなたの健康金メダルを目指してください(本物のメダル贈呈はありません)。

メディビトネットでは地域や企業の健康行事、病院祭などで健康年齢ピック開催のお手伝いをしています。
詳細はホームページでどうぞ。

健康年齢ピック↓
https://medibito.net/kenmin/kenko-nenreipic

※本文は2019年8月27日掲載時のものです。
該当イベントは終了しています。また、東京オリンピックの記載も掲載当時のものです。

(2019年8月27日(火)付MGプレスから)

👈第25回 がんと向き合うRFL